今帰仁村文化祭 2002年


11月2日、3日は第20回の今帰仁村文化祭が開催されました。
文化祭の会場は展示会は公民館、舞台発表はコミュニティーセンターのホールです。
公民館の中庭には次々にたくさんの人たちが訪れました。
ハイビスカスのコーナーです。ハイビスカスというと南国、特にハワイとかのイメージも強いのですが、もともとは東南アジアのほうが原産ということです。ここ今帰仁では日本で初めて天然の実生苗が発見されたそうです。
本当にいろいろな種類のハイビスカスが並んでとてもきれいでした。
こちらはワラビ細工のコーナーです。実際に作業なさっている様子を見ることが出来てよかったですよ。コシダという植物が、これほどまでに美しくて実用的な品物に変わっていくのはすごいことですね。
パッチワークとウチナー料理のコーナーです。
パッチワークのコーナーにも素敵な作品がたくさん展示してありました。
とても美しい作品が並んでいます。
手作り食品のコーナーです。みなさんが今帰仁の駅そーれで購入することが出来るものも展示されていました。
あー、どれもみんな食べてみたいと思う素敵なお料理がたくさんあります。
このモズク豆腐、とってもおいしいですよ。ぜひ今帰仁の駅そーれでお買い求め下さい。
沖縄の暦に応じての季節ごとの料理も紹介されていて、とても勉強になりました。
あー、やっぱりすごく食べたい!食べてみたい!!
こちらはいけばなのコーナーです。
南国の素材も用いられた作品もあってきれいでした。南の植物もとっても美しく融合するのですね。
みなさん熱心に鑑賞なさっていました。1
こちらは総合展示会場です。子供たちの力作もたくさん展示されていました。
これは本物の花ではありません!パンフラワーです。
「勢理客の地層について」と「大井川の水調べ」という研究発表です。2人ともとってもよく調べていて、すごく分かりやすくまとめられている研究発表でした。
あ!知り合いの作品もありました。この方はクラフトの名人でもあり、野鳥をはじめとした今帰仁の自然にもくわしいのです。乙羽朝市でこの作品を作った人を探してくださいね。
きれいに分かりやすくまとめられていますね。
健康センターでは絵画や書道が展示されていました。
村民の浜の堤防から見た黒岩崎、そして大井川河口の風景ですね。
あ!今帰仁御神です。今帰仁の伝説的な美人です。
書道の展示です。ちょっとお借りして自分の家に飾りたいです。
こちらはコミュニティセンター、略してコミセンです。入り口のところではとてもおいしそうなヤキソバが。 
コミセンホールではいろいろな方や団体の舞台発表が行われました。たくさんの方が観覧なさっていました。

今帰仁村文化祭、ぜひ遊びにいらしてはいかがですか。

ごく一部の作品しか紹介できませんでした。
作品を紹介できなかったみなさん、ごめんなさい。
来年はもっとたくさん紹介できればと思っています。




11月3日(日) 2002年のレポートより

なきじん海辺の自然学校