今帰仁城跡 桜情報

2005年2月1日

概況
開花が遅れていた今帰仁城跡の桜も、やっとちらほら咲き始めました。歴史ロマンあふれる琉球の石積みのお城と色濃く咲く寒緋桜は、とても素敵な光景です。今回の冷え込みのあと、来週くらいにはもっと多くの桜が花開くと思われます。

国道を曲がり、今帰仁城跡へと上がっていく道です。道路両側の桜も少しずつ咲き始めています。
ところどころ良く咲いている木もあります。
カーブのあたりもこんな感じで咲いています。
今帰仁城跡に近いところです。咲いている木が多くなってきました。
城跡の駐車場です。入り口付近は売店のあたりも含めて、まだあまり咲いていません。
平朗門です。中を覗き込むと、いかがですか、ピンクに色づいているのがわかりますか。
新道です。平坦なところは、少しずつ咲き始めています。それでもまだ、2分咲き程度という感じです。石段の両側の桜はまだ咲いていません。
平朗門の上からの眺めです。
新道の平坦なところの両側の桜です。
旧道に近いところの桜のほうが、新道沿いよりも咲いていました。
大庭(ウーミャー)の志慶真乙樽(シゲマウトゥダル)の歌碑のところの桜は、とてもきれいに咲いています。みんなここで記念写真をとっていますよ。ほかにもいくらか咲いていますが、歌碑のところの桜が一番元気なようです。
御内原(ウーチバル)は城跡の一番高い見晴らしの良いところです。約30本の桜がありますが、そのうちの数本が咲き始めています。ここ数日は風が強く、とても寒いですので防寒対策はしっかりしましょうね!
御内原から大隈(ウーシミ)を眺めると、こちらも少しずつではありますが、咲き始めています。かなり控えめに咲いていますね♪
主郭(本丸)には桜の木は少ないです。1本は少し咲いている程度です。
咲いている桜と今帰仁城の石積みを、写真にうまく収めてみました。カメラを持っている方たちは、みなさん思い思いに工夫しながら撮影していました。
こんな感じの写真も撮れますから、みなさん、開花が遅れているとはいえ、魅力あふれる今帰仁城跡へぜひおこしくださいね!



2月1日 2005年のレポートより

なきじん海辺の自然学校