バウ(船首)


シーカヤックの前部である船首部分のことを「バウ(Bow)」と呼んでいます。船舶では「おもて」とも呼ばれています。このバウの形状に応じて、航行できる状況も変わります。シーカヤックのデッキの面よりも船首の突端の部分が高く上がっているほうが、ある程度の波が高いような状況でも漕ぎ進むことができます。もしこの高さがなければ、カヤックは波の中に選手を突っ込む形になり、ときには転覆することも。カヤックを運搬する際の取っ手(トグル)が取り付けられていることが多いです。そしてカヤックの船首側に荷物収納用の区画がある場合には、その出し入れ用の開口部をバウハッチと呼んでいます。そのフタをバウハッチカバーと呼んでいます。

シーカヤック

シーカヤック




沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

HOME