本文へスキップ

ガンガゼ/沖縄の海洋危険生物

TEL. 0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

見出しガンガゼ

食べるウニとは大違い 長いとげには要注意

ガンガゼをはじめウニの仲間は鋭いとげを持っています。ガンガゼは長く、鋭いとげを持っています。港の海中の岩の斜面などにかたまっていることもありますし、シュノーケリングを楽しむようなところで、岩の間にいることもあります。不用意に手をついたり、足でけってしまうと危険です。ウエットスーツを着用していてもとげは貫通します。とげは折れやすいです。とげに刺されると毒が注入されます。比較的深くまで刺さりやすいので痛いですし、しばらく痛みが残りやすいです。トゲが残ったままだと治りが遅くなりますし、化膿する場合もあります。

応急処置

@ 目に見える大きなトゲは取り除きます。
A 40〜45℃程度のお湯に患部をつけます。(痛みが和らぎます。患者が触って熱くない程度)
B ビニール袋にお湯を入れると患部に当てやすいです。60〜90分つけましょう。

注意事項

※ やけどに注意して下さい。
※ 折れたトゲが体内に残っている場合もあるので病院で診てもらいましょう。
※ トゲは靴やマリンブーツなどの靴底も容易に通します。
※ 海底に手足をついたり、岸壁に手をつくときなどは危ないものがいないかどうかを十分に確かめるようにしましょう。

バナースペース



なきじん海辺の自然学校

〒905-0401
沖縄県今帰仁村仲宗根992

TEL 0980-56-5881
FAX 0980-56-5897