ハッチ


シーカヤックの荷物の出し入れ口がハッチです。ハッチという言葉自体は出入り口という意味があります。カヤックでハッチという場合はこのようなカーゴスペース(荷室)の出し入れ口を意味することが多いと思います。そしてこのハッチのフタがハッチカバーです。航行中や転覆した際などに水が浸入するとカーゴスペース内の荷物を水没させてダメにしてしまうという心配もありますが、この防水区画に水が浸入してカヤックの浮力が失われるということのほうが重大な問題となります。ですのでハッチは防水構造となっています。クローズドデッキカヤックに関しては前部や後部、もしくは両方でそれぞれに防水区画としてのカーゴスペースがある場合もあります。ただし多くのシットオントップカヤックの場合はカーゴスペースとしてのバルクヘッドのような仕切りがあるわけではなく、カヤック内部が筒抜けの単一区画になっているものが多いです。ハッチから水が浸入すると最悪の場合は全水没となり浮力を失います。安全面を考えると内部が複数に防水区画化されていない場合、海水面上ではハッチはあけたりしないほうがよいでしょう。

沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

PC版トップスマホ版トップ