ラダー

シーカヤックは海洋でのツーリングを楽しむために、リバーカヤックと比べると船も長く、多少の波でも安定して越えていけるようになっています。また進路を保持しやすくするために、キールによって直進性がよくなっています。その反面、曲がりにくくなるということを解消するために、ラダー(舵)が装備されているものがあります。ラダーブレードやステアリングケーブル、コクピット内のラダーコントロールペダルなども含めてラダーシステムです。クローズドデッキカヤックに装備されている場合が多いですが、シットオントップカヤックに装備されているものもあります(数は少ないように思います)。カヤッカーはケーブルでラダーの上げ下げを操作することができるので、エントリー・エキジットで水深が浅いところではラダーは上げた状態、水深があるところで下すことになります。ラダー自体が水の抵抗にもなりますので、操船に慣れてくるとあえてラダーは使用しなかったり、次にカヤックを購入する際にラダー装備という選択肢がなくなることもあります。
 

ラダーシステム

ラダーブレード
ステアリングケーブル
ケーブルを引くことで、ラダーブレードを引き上げたり、水におろしたりという作業が、カヤックに乗っている状態でできます。
ラダーコントロールペダルを踏むことで、水につかっているラダーが動き、カヤックの舵をとることが出来ます。



沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

HOME