本文へスキップ

沖縄シーカヤックマングローブツアー/なきじん海辺の自然学校


後進(バック)するテクニックをリバースストロークといいます。リバースは反対に動かす(逆にする)、ストロークはボートなどで水を漕いだり、水泳で水をかいだりということです。要領はストッピングとほぼ同じです。ストッピングをたくさん繰り返すとバックします。

カヤッカー(漕ぎ手)のやや斜め後ろ側の水中にパドルのブレードを差し入れます。

後ろから前へブレードを押し戻します。フォワードストロークと同じように上半身の回転で漕ぐようにすると、肩をいためにくいです。



反対側も同じようにやや後ろ側の水中にブレードを差し込んで、後ろから前へ押し戻します。これも腰の回転を使って。



左右でこの動作を繰り返すことで、カヤックはまっすぐの状態で後進します。片側だけで行うとカヤックは回転していきます。




リバースストロークでは必ず後方の安全確認を行ってください。他のカヤックがいないかどうか、障害物は無いかどうかを視認してください。

クローズドデッキカヤック(みなさんがテレビなどでよく見る、腰まで入るようなタイプのカヤック)は船体が細身なので、いきなり水中にブレードを差し込むとそのまま転覆する場合があります。ですからクローズドデッキカヤックやその他のやや細身のカヤックの場合、後進する際はブレードの裏面(凹凸の凸の側)で水面をなでるように押さえつけながら、ブレード面を起こしていきます。この動作を左右で繰り返してバックします。マングローブツアーで使用するような幅が広くて、かなり安定性があるシットオントップタイプのカヤックの場合は、前述の水中にブレードを差し込む方法を教わります。



















コースのご紹介

シーカヤックマングローブ2時間30分
シーカヤックマングローブ1時間30分
モーニングカヤック
トワイライト(サンセット)カヤック
ナイトカヤック
海でのシーカヤック体験1時間30分
海でのシーカヤック&干潟の観察ツアー
海でのシーカヤック&リーフトレイル(サンゴ礁の干潟観察)


 
サイト:スマートフォン版 PC版