本文へスキップ

沖縄シーカヤックマングローブツアー/なきじん海辺の自然学校


パドルを舵として使い方向転換する(まがる)テクニックをスタンラダーといいます。スタンは船尾(船の後部)、ラダーは舵という意味です。ちなみに船首(船の前部)はバウといいます。片側だけを漕いで曲がるスウィープストロークというテクニックがありますが、このスタンラダーもうまく使うととても便利なテクニックです。

カヤッカーの斜め後の舷側(船べり)に近い水中にパドルのブレードを差し込みます。そうするとパドルを入れた側にカヤックは船首をふって、方向が変わっていきます。
2人艇では、カヤックの後に乗る人が舵の担当となります。船は後ろ側に舵を入れたほうが船首が大きく方向を変えて、曲がりやすくなります。また、風が強かったり、波が高い場合は舵を入れている間に、カヤック自体が流されてしまう可能性があるので、スウィープストロークを使います。カヤック自体が速度が無い場合は舵を入れてもさほど変化はありません。カヤックにスピードがある場合に有効です。ただし、舵自体が水の抵抗(ブレーキ)にもなるので、状況に応じての使い分けができると上手に楽しむことができます。
ブレードの面の角度しだいで、曲がり具合を調整することもできます。水の動きに対してやや垂直にブレードの面を作ると、水の抵抗が大きくなって、カヤックは大きく曲がろうとします。そのかわりブレーキと同じなので、スピードは落ちてしまいます。水の流れに対してやや平行に近くブレードの角度を調整すると、スピードは落ちにくく、ゆるやかなに方向が変わります。いろいろと試してみてください。



















コースのご紹介

シーカヤックマングローブ2時間30分
シーカヤックマングローブ1時間30分
モーニングカヤック
トワイライト(サンセット)カヤック
ナイトカヤック
海でのシーカヤック体験1時間30分
海でのシーカヤック&干潟の観察ツアー
海でのシーカヤック&リーフトレイル(サンゴ礁の干潟観察)


 
サイト:スマートフォン版 PC版