スターンハッチ

シーカヤックの荷物の出し入れ口がハッチです。船尾側(スターン)についているものをバウハッチと呼んでいます。航行中や転覆した際などに水が浸入するとカーゴスペース内の荷物を水没させてダメにしてしまうという心配もありますが、この防水区画に水が浸入してカヤックの浮力が失われるということのほうが重大な問題となります。ですのでハッチは防水構造となっています。ハッチのタイプもいろいろとあります。クローズドデッキカヤックはハッチ内のカーゴスペースとコクピットの間にはバルクヘッドという隔壁があります。ハッチ内に荷物を入れる場合などは、用途に応じて防水バッグなどに入れておくと便利です。あまりスターンハッチ内にたくさんの荷物を積んで重くしてしまうと、カヤックの船尾側が沈み込んで、前部が浮き上がり、直進性が悪くなります。船首が振られる形となり、進路の保持が困難になります。カヤックの前後にカーゴスペースがある場合は前後で重量のバランスよく、左右均等に、そしてハッチ内で荷物が転がったり、移動しないように積み込みましょう。航行中に荷物が片側に移動してしまうと、カヤックのバランスが急激に悪くなります。

スターンハッチカバー

ハッチカバーストラップ
インナーカバー



沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

HOME