沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

海辺の自然学校ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加


>


なきじん海辺の自然学校のツアーブログです。

シーカヤックマングローブツアーの様子をアップしていきます。

ただしマングローブカヤック2時間30分やモーニングカヤック、トワイライトカヤックは当日のお楽しみのために、湧き水での自然観察の様子はあまり掲載していません。

お時間がある方は、湧き水に行くコースが超おすすめです。

ブログ一覧

ブログ一覧

シレナシジミと私 

7月5日午前のマングローブカヤック2時間30分コースです。

この日も良いお天気ですね。

 

朝はオオハマボウの花がレモン色でとてもきれいです。

夕方になると赤みを帯びて、落花します。

ちょうど前日に咲いて落ちた花を見つけたので、記念撮影です。

落ちてからしばらくたつと、さらに大きくきれいに開きます。

お二人の後ろ側に見えているのがオオハマボウです。

沖縄でユウナと呼んでいる木です。

レモン色の花も写っていますね。

 

出発前のユウナの花との写真を撮ったあとで、いよいよ漕ぎ出します。

この回は2名様だけなので、のんびり貸し切り状態です。

干潟にはシオマネキがたくさん出ています。

オキナワハクセンシオマネキやヒメシオマネキが入り乱れてのお食事タイムです。

潮が引いた水際にみんな集まってきます。

やはり手付かずの真新しいエサが堆積しているためでしょうね。

 

この岩の前に来ると、カヤックツアーもいよいよスタートっていう気分になります。

自然のことや沖縄の歴史、文化のことを紹介しながらの探検です。

 

決闘の最中です。

かっこいいですね。

 

狭い水路を探検です。まわりはとても柔らかい泥が堆積しています。

余談ですが、潮が引いた干潟はとても柔らかい泥なので、足をつくと猛烈に沈んでいきます。

足が思いっきりもぐってしまいます。

ですから、こうしてのんびりと観察です。

最近なのかな?

富士五湖のひとつである河口湖で、水辺が底なし沼状態になっていて、釣り人が何人か救助されたというニュースをやっていました。

カヤックでマングローブの水辺を案内していて、同じような体験をしているので、とても親近感を覚えるニュースでした。

河口湖の場合は最近、降水量が少なくて、通常よりも水位が3mくらい下がっているために、湖の底の部分が地上に出ているために周辺がとても柔らかい泥上になっているそうです。

たえず水がしみだしていることもあり、超柔らかいために、体が沈んでいくそうです。

昔、西部劇を見ると、底なし沼にはまってしまうというシーンが結構ありましたよ。

あ、ほんとうに余談ですから。

さて、マングローブのエリアで、シレナシジミを観察です。

こうして毎回、「シレナシジミと私」という題で写真を撮っています。

ちょっと水戸黄門にでてくる印籠(いんろう)みたいですね。

子供達にはわからないお話ですね。

昔は「がちょーん!」と言ってました。さらにわからないですね。

湧き水エリアで生き物観察中です。

お水が冷たくてとても気持ちがいいです。

秋から冬にかけては寒いので、防水ウェーダーで遊びに行きますが、夏はこんな風に水遊びをしながらのネイチャーウォッチングを楽しみます。

ヤエヤマシオマネキのオスです。

同じ種類のカニのオスでも、大きさにかなりの違いがありますね。

年齢によるものなのか、それとも個体としてのなんらかの優位性によるものなのか、興味がありますね。

しっかりと縄張りを構えて、エサをたくさん食べているほうが大きくなるのでしょうか。

興味が尽きません。

毎日、知りたいことがいっぱいあります。

 

 

青空もきれいなので、ここでも記念撮影です。

干潮でカヤックをUターンすることができないので、バックで脱出です。

川の本流にこれから戻ります。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

シーカヤックのマングローブツアー、楽しんでいただけましたか。

また沖縄へ遊びにいらしてくださいね。

ミナミトビハゼ マクロモードで撮影中

7月4日午後のマングローブカヤック2時間30分コースです。

前日の3日はまさかの台風3号の影響で中止となりました。

このところ沖縄近海に急に熱帯低気圧が発生するというのが連続しました。

前回はプチ台風、今回はほんとうに台風になりました。

今日は風も弱くなったので、ツアー開催です。

 

本当に良いお天気です。

沖縄は台風が足早に通過して、とても良い天気なのですが、九州地方は大雨で大きな被害が発生しています。

オキナワハクセンシオマネキが一生懸命にご飯を食べています。せっせと地面を耕しているかのようですね。

 

離れてみるとこんな感じです。あたり一面、見渡す限りシオマネキの世界です。いったい何匹いるんでしょうね。

緑色の木々に覆われた琉球石灰岩の山々もよい景色です。

いたるところから鳥の鳴き声も聞こえてきます。

ときどき、カラスが猛烈に鳴いていることも。

笑い声だったり、犬の鳴き声だったりと、カラスはいろいろな声をまねて鳴いています。

マングローブの入り江にはシレナシジミが沈んでいます。

今は水に隠れています。写真の中央付近に大きな貝が2個あるのがわかりますか。

ときどき半分近く泥に埋まっているんです。

 

干潟の常連さん、こちらベニシオマネキです。

マングローブの子供たちも元気に育ってきています。

去年の夏に花が咲き、そして種が成長しました。

ことしの3月から5月くらいを中心に次々に落下しました。

ほとんどは水に流されながら、たまたま、ひかかったところで根が出てきます。

写真に写っているものは、落ちていたり、流れていた種をツアーの参加者のみなさんに植えていただいたものです。

マングローブの林の中に入っていくと環境が荒れてしまうので、手が届く範囲のところにさしていただきました。

そのために集中して生えているんです。

それでも長い年月の中で生き残るものは、おそらくほんの少しです。

カニやヤドカリに切られたり、大雨や台風の際に流れてくる木やごみになぎ倒されたりと、苦難jの連続です。

すこしでもたくさん生き残って大きくなってくれると良いですね。

湧き水エリアではきれいな水が湧いています。

木々の緑がきれいです。ここは涼しくて気持ちが良い場所です。

ミナミトビハゼ。

ちょっとアップで撮影しました。

デジカメはマクロモードに設定しています。

マクロモードである程度ズームをかけると、こんな感じで撮ることができます。

デジカメの種類によって、いろいろな特性があります。

今、私たちがツアーで使っているカメラは広角からズーム、マクロまでとてもバランスよく撮影できます。

ベニシオマネキの赤い色がとてもきれいです。

台風3号の影響で中止とさせていただきました

沖縄近海に発生した台風3号の影響で、南風が強く吹く予報になりました。

そのためにこの日のツアーは中止させていただきました。

自然学校のフィールドは、残念ながら南北方向の強い風の場合にはポイントのコンディションが悪くなる場合があります。

安全のために中止とさせていただくことがあります。

せっかくご予約いただいた皆様には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そういうケースでは、できうる範囲で開催ができそうなほかのエリアのショップさんの連絡先を紹介させていただいています。

沖縄を足早に通過した台風3号ですが、九州であんなに大きな被害が発生するとは想像できませんでした。

自然学校のご利用者の方々にも、九州エリアの方がたくさんいらっしゃいますので、ほんとうに心配です。

そして被害にあわれたみなさまにお見舞い申し上げます。

台風3号の前のカヤックツアーです

7月2日午後のマングローブカヤック1時間30分コースです。

3日のご予定でしたが、この日に変更です。

実は急に発生した台風3号の影響で3日のツアーは開催が中止となってしまったので、この方たちは運よく体験することができました。

空は青空。

とても良いお天気です。

     

さあ、シーカヤックでマングローブを観察しに行きましょう!

マングローブの入り江にはクマドリオオギガニがいました。

警戒心が強いので、おどろくとすぐに隠れてしまいます。

この日はちゃんと出てくれました。

目の周りの不思議な模様が歌舞伎役者の隈取(くまどり)に似ているところから、こんな変わった名前がついています。

睡眠不足で目の下にクマが出るというのは、こんな顔になるということなのでしょうか。

ちょっと大変ですね。

ベニシオマネキもたくさん出てきています。

よくみると手前にはかなり小さいメスもいます。

同じカニでも大きさはいろいろですね。

やはりオスのハサミはとても大きくてかっこいいです。

 

入り江で記念撮影です。ポーズがとてもかわいいですね。

アッチョンプリケっていう感じです(詳しく手塚治虫の漫画のピノコで検索してくださいね)。

 

お父さんチームも記念撮影です。

岸辺に帰ってきたところで、家族一緒に、はい、チーズ!

みなさん、今日は本当にありがとうございました。

ちょっと風は強かったですけど、みなさん楽しく漕いでいましたね。

また沖縄に遊びに来てくださいね。

 

沖縄家族旅行の思い出に。はい、チーズ!

 7月2日午前のマングローブカヤック1時間30分コースです。

この回は7名様グループでのご参加です。

干潮でたくさんのシオマネキたちが出てきているので、お子さんたちや生き物が好きな方にはたまらない光景かもしれません。

とにかく見渡す限りカニだらけです。

 

シオマネキだらけの景色を見た後は、マングローブの入り江を探検です。

ここでもカニたちが元気に活動しています。

やっぱり狭いところに入ってくるのは、探検気分が盛り上がって楽しいものですね。

私自身が狭いところが大好きです。

そんなコマーシャルもありましたね。

 

いつも1時間30分コースのブログではオキナワハクセンシオマネキとミナミトビハゼの写真が多くなってしまうので、今回はベニシオマネキの後ろ姿です。

挟みも甲羅も真っ赤なものもいますが、この写真のように甲羅が黒色できれいな青色が入っているものもいます。

でもやっぱり、シオマネキは特に正面からの写真のほうがかっこいいかもしれませんね。

 

入り江を抜けて、再び漕いで遊びに行きます。

はい、写真を撮りますから、こちらを向いてくださいね。

 

 

こちらのレディースチームもばっちりです。

青空もきれいですね。

この時はちょっと風が強くなりましたが、少しくらいは風が吹いているほう涼しくて気持ちいいです。

 

全員揃ったところで再び記念撮影です。

私たちと一緒にいると記念撮影が多くてすみません。

なるべくたくさんの楽しい思い出の写真をお持ち帰りいただけたらと思い、がんばって写真を撮っています。

子供の時の旅行の思い出が詰まった写真って、とても素敵な宝物だと思います。

そしてさらに陸上に帰ってきたところで、はい、チーズ!

みなさん、ポーズがばっちり決まっています。

今日は本当にありがとうございました。

また、みなさんご一緒に沖縄へ遊びに来てくださいね。

南の島は家族旅行に超おすすめです。