沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

海辺の自然学校ブログ

マングローブカヤック2時間30分やモーニングカヤック、トワイライトカヤックは当日のお楽しみのために、湧き水での自然観察の様子はくわしくは掲載していません。

  • ドロクイがいたるところで 2017年10月18日ドロクイがいたるところで 2017年10月18日
    "ここ数日は台風の足音が聞こえてくるようです。 毎日、天気予報をチェックしながら頭を抱えています。 でもでも、まだまだ大丈夫! 今日も良いコンディションです。 まさにカヤック日和です。      1時間30分コー […]"
  • 雨雲を吹き飛ばせ!奇跡おきた 2017年10月17日雨雲を吹き飛ばせ!奇跡おきた 2017年10月17日
    "びっくりするほどの気まぐれお天気です。 予報はよかったはずなんですが、沖縄周辺ではびっくりするくらいに雨雲が急激に発生・発達しています。 午前のツアーは本当に良い天気ですよ。 奇跡が起きた午後は後半で。 干潮の時間とも重 […]"
  • 干潟の忍者トントンミー 2017年10月16日干潟の忍者トントンミー 2017年10月16日
    "のんびりと2組3名様のご参加です。 忍者の話は後半に。 午前中にマングローブカヤックの2時間30分コースを開催しました。 とても良い天気で、遊ぶのにはもってこいのコンディションです。 前日よりも風が弱くなりました。 もう […]"
  • 宇宙船あらわる 2017年10月15日宇宙船あらわる 2017年10月15日
    "ほんとうに10月なんでしょうか。 信じられませんね。 秋からは防水ウェーダーの案内になるのですが、10月になっても、ものすごく暑いのでウェーダーを着るという感じではありません。 昨日は雨が降るかもという気象状況で、やや涼 […]"
  • 水辺の宝石 カワセミ 2017年10月14日水辺の宝石 カワセミ 2017年10月14日
    "今日はカワセミを近くで観察することができました。 いつもは警戒して、すこし近づくと逃げてしまうのですが、頑張って写真を撮ってみました。 画像は後半で。 ではツアーの様子です。   午前の2時間30分コースです。 […]"

ブログ一覧

クロイワツクツク大合唱 2017年10月13日

クロイワツクツクが毎日、大合唱です。

朝から夕方まで、ものすごく大きな鳴き声です。

グーワァ、グーワァと鳴いています。

カヤックツアーの手続きの時に近くで鳴かれると大変です。

大声をださないとセミの鳴き声にかき消されてしまいます。

そんな時は棒でセミを追い払ったりすることも。

セミには申し訳ないですが、ブリーフィングの時だけな静粛にお願いいたします(セミにわかるはずもなく、、、)。

 

クロイワツクツクです。

本当は動画を撮りたかったのですが、近くに行ったら鳴き止んでしまいました。

すこし待っていたのですが駄目でした。

仕方がないので写真だけ撮っておきました。きれいなセミですね。

では今日のツアーの様子です。

 

午前の2時間30分コースです。

2名のご参加です。

少人数でのんびりと遊びに行きました。

ちょっとお二人ともがっしりとした体格で、コンディションもとても穏やかだったので、1人1艇で乗っていただきました。

とても上手でした。

今日の飛行機でお帰りだそうです。

滞在中は座間味でシュノーケリングやダイビングを楽しまれたそうです。

うらやましいですね。

 

 

 

 

 

 

きのこ岩の間に何か見えています。

那覇から鹿児島へと向かうフェリーです。

じつは10月7日に本州(阪神)と沖縄を結ぶ旅客フェリーが廃止となりました。

2014年には東京・沖縄間のフェリーが廃止されていました。

これで本州と沖縄を結ぶ長距離フェリーは消滅することになりました。

少し寂しいですね。

やはりLCCなどの格安航空の影響が大きいようです。

貨物は運航が継続されますが、船旅の楽しみはなくなってしまいましたね。

 

午前の1時間30分コースです。

ご家族でのご参加です。

お姉ちゃんはおばあちゃんと一緒に乗りました。

みなさん、チームワークも抜群でした。

 

 

マングローブの入り江に入ると、お父さんが「へびがいる!」。

見てみるとウナギでした。

見つけてくれてありがとうございます。

写真の真ん中あたりに写っているのが見えますか。

かば焼きで食べる本当のウナギです。

あー、うな丼が食べたくなりました。

逃げないで、結構のんびりと泳いでいました。

おかげでじっくりと観察できました。

 

 

 

 

 

別の入り江に入ると、木の上にカワセミがとまっていました。

少し離れていたことと、木の陰になっていたせいで、きれいな写真を撮ることはできませんでした。

残念!

でも見ることができてよかったです。

樹上から水中の魚を狙っていました。

飛び立つときれいな青色がわかりやすいです。

おなかのあたりは茶色いので、正面から見ると、ちょっとピンと来ないかもしれません。

 

 

 

 

午後の2時間30分コースです。

2組4名様のご参加です。

女性の方たちはサングラスがキラッキラですね。

どちらのチームも後ろに乗っている船長兼かじ取りの男性陣が上手でした。

 

 

 

 

前半は満潮でものすごく潮位が高いので、狭い体験ルートに侵入して遊ぶこともできました。

陸上の植物とマングローブのせめぎあい、そして琉球石灰岩の地形が生んだ狭いルートです。

 

 

 

 

アオアシシギがアイドルです 2017年10月12日

アオアシシギが最近は近くで見ることができます。

とてもかわいいです。

足も幼稚園児のタイツみたいな感じですよ。

鳥のことはさっぱりわからないので、勉強するのが大変ですが、どうやらコアオアシシギではなくアオアシシギのようです。

舌を噛んでしまいそうです。

 

午前のコースです。

2組4名様のご参加です。

どちらも写真はちょっとということでしたので、ツアーの風景や生き物の写真をアップさせていただきます。

コンディションはこんな感じです。

本当に穏やかです。

べたなぎという状態ですね。

アオアシシギがいます。

最近は毎回、見ることができます。

くちばしがすこし反っていることや、目の上に白い模様がないこと、足の太さ、大きさを考えると、コアオアシシギではなくてアオアシシギのようです。

とてもかわいい鳥です。

カヤックが接近すると、甲高い鳴き声で、飛んでいきます。

でもあまり遠くに行くのではなく、程よい距離をキープして、水辺に着地です。

落ち着いて、ご飯を食べさせてあげたいのですが、こちらの進路上にいるときは、どうしても接近していしまいます(ごめんね)。

水辺のバレリーナことセイタカシギは残念ながら、もういなくなってしまいました。

いなくなって、とても寂しかったのですが、今はこのアオアシシギを観察することが楽しみになっています。




 

 

 

午後のコースです。

3組7名様のご参加です。

こちらは3名で一緒に乗っていただきました。

恒例の[ノッチと私」という記念撮影です。

 

こちらのお二人もハイ!チーズです。
  

スタートすることは東の空はこんなに青空です。

でも西側からだんだんと怪しい雲が広がってきました。

 

アオアシシギたちです。

最近はよく3羽でのんびりしていますよ。

わたしにとっての今のアイドル的な存在です。

 

こんなに良いお天気です。

琉球石灰岩の地形を離れて、これからマングローブ観察です。

ここから先は川の両側にマングローブの林が広がってきます。

チームワークもばっちりな3名さんです。


 マングローブの入り江では、さっそくヒルギハシリイワガニが出迎えてくれます。

ベニシオマネキもいました。

赤い色がものすごくきれいですよね。

つぶらな瞳のミナミトビハゼです。

こうしてい見ていると、横顔はとてもかわいいですね。

そして怪しい雲がだんだんと。

湧き水エリアで、生き物観察です。

はじめのうちはこんな感じでしたが、、、

 

途中から土砂降りになりました。

撮影も防水カメラに切り替えです。

こういう時にはオリンパスのTough、TG-2が活躍します。

 

 

スマホで雨雲レーダーを確認しながら、雨が弱まるのを待ちました。

雨だけなら、まだどうにかなるのですが、雨雲が接近すると風向きが変わって、急に強い風が吹き込むことがあるので要注意です。

 

コンディションが回復し始めたので、再びカヤックを漕いで出発です。

雨も止んで、雲の切れ間から青空がのぞき始めました。

   

 

 

 

 

途中、ものすごい雨も降りましたが、晴れ、雨、曇りとすべてのお天気を体験しましたね。

今日はありがとうございました。

リュウキュウドロクイがジャンプ 2017年10月11日

カヤックにお魚がジャンプイン!

午後はお母さんのほうにも飛び込んできましたよ。

やっぱり、びっくりしますね。

ちゃんと川に帰してあげました。

朝から夜まで、魚がジャンプです。

   

午前の1時間30分コースです。

2組4名様です。

こちらは午後はシーサーづくりの予定です。

島でっていうことだったので、古宇利島か屋我地島のどちらかでしょうか。

朝は沖縄の自然を体験、そして午後は文化体験です。

こんな旅行もいいですね。

 

こちらは先輩、後輩の間柄だそうです。

この後はドライブで辺戸岬のほうまで、北部をぐるりと回るそうです。

お天気が良いので、ドライブしながら見える景色も素晴らしいと思います。

暑いので車の中はクーラーが必要ですね。

 

お魚が飛び込んできました。

リュウキュウドロクイです。

沖縄でアシチンと呼ばれています。

食べることができますよ。

川でよくジャンプしていて、こんなふうにカヤックに飛び込んでくることもあります。

びっくりしますよね。

 

 

          

 

 

 

 

 

午後の1時間30分コースです。2組6名様です。お父さんは夏にとても忙しかったので、少し遅めの夏休みの家族旅行ですね。

こちらのお二人は県内在住の方です。

女性の方は日焼け対策もばっちりですね。

沖縄に住んでいる女性は日焼けしないようにご注意されている方が多いです。

でもせっかくのお休みなので、晴れているので良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

またまたリュウキュウドロクイが飛び込んできました。

4名家族のお母さんのところにも、ほぼ同時に飛び込んできましたよ。

お母さん、自分でつかまえて、川に逃がしていました。

さすがアウトドア一家です。

修学旅行で女子の船にこれが入ると、悲鳴が上がります。

 

 

 

 

ナイトカヤック2時間コースです。

昨日は青の洞窟でシュノーケリングを楽しまれたそうです。

ちょっと波はあったようですが、洞窟に行くことができてよかったですね。

ここ数日、青の洞窟には、ちょっと風向と風の強さがよくなかったと思います。

女性の方がムービーカメラのGoProをご持参だったので、シュノーケリングでも活躍したのでしょうね。

スマホで見ることもできるので、とっても便利ですね。

カヤックの風景もとてもきれいに映っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

ガイド艇に飛び込んできたリュウキュウドロクイをつかまえてくれました。

そしてリリースしてくれましたよ。

ありがとうございます。

今日は1日中、お魚が飛び込んできました。

大当たりですね。

 

 

湧き水エリアでは、かわいいノコギリガザミがいました。

完全に威嚇態勢ですね。

でもまだまだ小さい子供です。

私たちを威嚇しながら、そろりそろりとあとずさりしながら逃げていきました。

 

今度は別のところでノコギリガザミを見つけました。

先ほどのものよりは大きいです。

以前に見た時よりも、この個体は大きくなっていました。

あまり大きくなると今の巣穴に入りきれなくなるので、お引越しです。

オカガニです。

もともとその名前の通り、陸上で暮らしています。

産卵時には、海辺で水に入り、おなかの卵を水中へはなします(放卵と呼ばれています)。

干潮で露出したマングローブの干潟をエサを探しながら散策中です。

ライトの光を当てたら、すごく迷惑そうに移動していきました。

せっかくのお食事中にごめんなさい。

クマドリオウギガニの夕べ 2017年10月10日

毎日、異常に暑い日が続いています。

絶対に10月の気温ではないですね。

私が海老蔵と呼んでいるクマドリオウギガニがいました(市川海老蔵さん、ごめんなさい)。

ナイトカヤックのお客様が1組2名様だけなので、写真はすこし多めにアップです。

 

ナイトカヤックが始まるころは、こんな感じです。

トワイライトだと、ちょうど夕日を見ている最中なのですが、ナイトはこれからが始まりです。

せっかくの夕日なので、最初に記念撮影です。

ちょうどよい感じでお二人の間にお日様が来てくれました。

あっという間に景色が変わってきますね。

のどかな風景です。

 

夕暮れの川へ漕ぎ出しました。

超穏やかですね。

でもここ数日、風が強くて、海は波が高い日が続いています。

この場所は、ちょうど、思いっきり風の陰になっているので穏やかです。

その時の気圧配置によって、風向や風の強さも変わってきます。

沖縄の北に高気圧、南の海上に低気圧があるために、東北東の風が吹き続けています。

これらの気圧の動きに応じて、コンディションが変化していきます。

あと数日は東北東、東という風向になりそうですから、なんとかポイントは風の陰になってくれそうです。

西高東低の冬型の気圧配置が強くなると、北寄りの風が吹き始めるので、ここのエリアは風が吹き込み始めます。

空の色もだんだんと不思議な色に変わってきました。

お二人は昨日は慶良間で体験ダイビングを楽しまれたそうです。

なんとウミガメを見ることもできたらしいです。

超ラッキーですね。

今日は北部をドライブ。

辺戸岬や大石林山に遊びに行かれたそうです。

アスムイがあります。沖縄満喫ですね。

琉球開闢(かいびゃく ひらかれたという意味)の神話が有名です。

沖縄の島建て(島を作った)の神様であるアマミキヨが降り立って、最初に作ったといわれているのが、この安須森(アスムイ)という聖地です。

そして2番目に作ったというのが今帰仁のクバの御嶽(クボウノウタキ)です。

 

 

ヒルギハシリイワガニです。

一生懸命、夜もお食事中ですね。

目の模様がすっごく不思議ですね。

眠そうな感じですが、ただ単に、こんな目なんです。

今日はクマドリオウギガニが多くいました。

日中はあまり姿を現さないことがあります。

でも夜はこうして出てきてくれるので近くで見ることができました。

目の周りの模様がかっこいいですね。

きりっとしています。

大好きなカニです。

歌舞伎のメイクである隈取(くまどり)から、この名前がついています。

日本の伝統芸能からうまれた名前なんて、素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このクマドリオウギガニはかなり負傷しています。

ハサミと足が少ないです。

なにと戦ったのでしょうか。

生存競争は大変です。

 

 

おまけとして、星空の写真を何枚か載せておきます。

お客様へのプレゼントのCDには、入っていません(ごめんなさい)。

本格な星空撮影というわけではないので、ちょっとわかりにくいですが、ナイトカヤックの雰囲気をご紹介です。

月が出ていないので、星がきれいでした。

やっぱり肉眼で見るのが、一番よく見える風景です。

 

 

風力発電の左側には、カシオペアが写っていますよ。

秋から冬にかけての星座です。

とてもきれいなWの形が横向きになっていますね。

コゲラがドラミング 2017年10月9日

ツアーでは、コゲラというキツツキの仲間を見ました。画像は後半に。

朝からはクロイワツクツクのジーグァワ!ジーグァワ!という鳴き声がすごいです。

ツクツクホーシというセミの仲間なのですが、とても個性的な渋い鳴き声です。

ツクツクホーシというとどうしても西川のりおの定番ギャグのイメージが染みついてしまって、正しい鳴き声を思い出すのでが大変です。

ツクツクホーシは種類によってそれぞれ鳴き声が全然違うようです。

日没近くまでジーグァワ!ジーグァワ!の大合唱です。

あ、そして今日は体育の日で祝日です。

だめです!体育の日はどうしても10月10日なのです。

長年の習慣は変えることができませんね。

それでは今日のカヤックツアーの様子をご紹介します。

 

午前1時間30分コースです。

ちゃんとしたハウジングにはいったデジカメをご持参です。

ダイビングをされるお二人ですが、昨日はコンディションが悪く、青の洞窟でのダイビングはできなかったそうです。

カヤックを楽しんで、今日の飛行機で帰られるそうです。

デジカメも機種によって、いろいろな特性があって面白いですね。

 

 

 

 

2時間30分コースです。

朝、満潮で潮位が高いので今日は10時30分の開始です。

湧き水エリアでの生き物観察、とても楽しかったですね。

みなさん上手でした。

カヤックは、お父さんは安定の漕ぎです。

そしてお母さん&お兄ちゃんチームも頑張っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

11時30分からの1時間30分コースです。

ナイスチームワークで漕いでいました。

この後は古宇利島や美ら海水族館へ行かれるそうです。

10月に入ったので海洋博公園は夏期が終わり通常期に戻りました。

水族館の閉館時間も18:30(入館締め切りは17:30)となりましたので、ご注意ください。

夏であれば、午後4時からの入館で3割引きでお得ですよと紹介していたのですが、閉館時間が早くなると、見学できる時間が短くなります。

ですから割引にこだわらずに早く入館したほうが楽しいかもしれませんね。

 

 

コゲラがいました。

お客さんが「鳥がいる」と教えてくれました。

見るとコゲラでした。

キツツキの仲間です。

ドラミングをし始めました。

いろいろな生き物がドラミングをするようですよ。

ゴリラが胸をたたくのもドラミングです。

昔は自分の強さをアピールするための動作かと思っていました。

映画のキングコングの影響が大きいのかも。

でも実際は、ある種のコミュニケーションのようです。

自分の居場所を知らせたり、いろいろのようです。

そして手もグーでたたくのではなく、パーのようです。

出る音もちょっとゴンゴンというよりもパコパコぼこぼこっぽいのかな。

キツツキの仲間が木をつつくこともドラミングと呼ばれています。

巣穴を作る時や、えさを探すとき、コミュニケーションと紹介しているサイトもありました。

生き物の習性って、本当に面白いですね。

木の穴の奥深くに隠れている虫を捕るために、キツツキの仲間の舌は脳を周りをぐるりと囲むように超長いものが収納されています。

ネイチャーゲームの指導員の講習会で教えていただいたときに、すごく気持ち悪いと思いましたよ。

今回はドラミングを始めたのですが、メヒルギの生木(生きている木)で、とても柔らかい状態だったので、いくらつついても、ショボい音しか出ませんでした。

やはり乾燥していたり、硬い木でなければ、気持ちがよいコツコツとした音は出ないようです。

でもお客さんが見つけてくれたので、本当に良かったです。

おかげで写真を撮ることもできました。

メジロもいたのですが、残念、写真は無理でした。

 

 

 

 

午後の1時間30分コースです。

家族3名でのご参加ですが、お母さんは恥ずかしいということで写真は載せていません。

お父さんとお兄ちゃんのツーショットです。

恒例の「シレナシジミと私たち」という写真です。

3名でカヤックに乗っていただきましたが、お兄ちゃん、とっても上手でした。

頭にのせているゴーグルがとってもかわいいですね。

 

午後3時に開始の1時間30分コースです。

今日、沖縄に到着して、こちらに遊びにいらしてくれました。

ありがとうございます。

そして明日はバギーに乗る予定だそうです。

面白そうですね。

そして本土へ帰られます。

1泊2日の弾丸ツアーです。

短い日程ですが、沖縄満喫コースですね。