沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

そのほか

風力発電もたいへん 2017年10月20日

台風21号がやってきます。

海辺の自然学校も台風対策です。

カヤック乗り場から船をすべて回収です。

そしてロープでつなぎます。

風で飛んではいけないようなものをしまいます。

今回の台風に関しては暴風域には入らない可能性が高いです。

 

台風が来る前の夕焼け、朝焼けは特別に美しいことがあります。

今日もだんだんと不思議な空色に代わっていきます。

 

本当にきれいな色ですね。

風がとても強いので、ものすごい速さで雲が移動していきます。

すこし方向を変えるとこんな感じです。

不気味な空色ですね。

 

風力発電の風車はがんがん回っています。

かなり風が強くなってきました。

風が強いときには、羽の角度を変えて、なるべく風の抵抗を減らすようにしています。

近年では、羽がない風力発電として、マグナス効果というものを活用した装置が研究実験されているようです。

沖縄の南城市に試験装置が設置されているそうです。

こういうものは別名で台風発電と呼ばれているものあるそうです。

あまりにも強い風が吹くと通常の羽が付いている風力発電はダメージを予防するために発電を停止します。

ネットで見つけた風力発電会社のサイトでは台風などの暴風時には停止(カットアウト)して、羽が風を受けにくい角度(フェザリング位置)にしているそうです。

まったく回らないというわけではありませんが、極力、装置への負担を軽減しているのですね。

2003年9月に宮古島を直撃した台風では、風力発電設備が倒壊や羽の破損などの大きな被害を受けて、ニュースでも大きく取り上げられました。

この台風14号(912hPa)はまさに最大級の強さで、最大風速60m/s、瞬間最大風速で90m/sにも達したといわれているそうです。

与那国島でも2015年9月の台風21号で羽が折れるなどの大きな被害が出ました。

最大瞬間風速が80m/sを超えていたそうです。

どちらもメーカーの想定をはるかに超える暴風によるものでした。

自然の力は本当にすさまじいですね。

現在は、台風による被害を避けるために可倒式と呼ばれている風力発電もあります。

台風の際や、修理、メンテナンス時に90度近く倒すことができるものです。

人間の知恵や工夫も自然災害に追いつけ、追い越せなのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けが反射して、川面もきれいなオレンジ色に染まってきました。

 

 

 

 

 

雲が赤く染まっています。

 

 

 

 

 

風もだんだんと強まり、川のなかに強く吹き込むようになってきました。

 

 

 

 

 

だんだんと怪しい雲が押し寄せてきました。

あたりもあっという間に暗くなってきました。

 

画像処理して生き物チェック 2017年10月19日

今日はマングローブエリアにカヤックで漕ぎ出して、写真を撮りました。

いつもはツアーの最中に撮影しているのですが、時々はこうして写真を撮りながら、生き物観察をするときがあります。              

 

カワセミはよく見ることができます。

あっという間に飛び去っていくこともあります。

意外と長い距離を飛んでいくこともあります。

川沿いに巣を作っているので、頻繁にえさを取るためのポイントと巣を行き来しています。

自然学校のすぐ近くに巣を作っています。

えさを取るためのポイントを移動するときは比較的、短い距離を飛んでいきます。

巣とえさ場を行き来するときは川をよこぎって、やや長い距離を飛んでいきます。

木にとまってえさを狙っているときは、長く観察できることも。

とても素敵な被写体ですが、なかなか近くで撮影することができません。

また時間を作ってチャレンジしてみたいと思います。

 

普通のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)を使用しています。

防水タイプにするとどうしてもあまりズームが効かないので、陸上用のコンデジを使っています。

ものすごいズームを備えたカメラも出ていますが、使ってみて気が付きました。

撮りたい被写体がとても小さいので、あまり高倍率すぎるズームだと手ぶれがひどくなったりしました。

思うような写真を撮ることがむつかしかったので、使いこなすのがこれからの課題です。

ツアー中はすぐに取り出して、すぐに撮影することでお客さんにたくさんいろいろな写真をプレゼントできます。

高倍率のデジカメも持っているのですが、ストロボが収納式になっているために、ちょっと不便です。

けっこうチャージする時間が長いと感じます。

そのためにチャージ完了するまではシャッターが切れないので、ぱっと取り出して、すぐパシャリとはいかないようです。

フラッシュが収納式ではない新しいタイプのものも使いましたが、ズームをかけての小さい被写体の撮影がむつかしかったことがあります。

 

 

マングローブの水辺には魚がたくさん暮らしています。

マングローブの木々の間や近いところ、ほんとうに浅いところで魚がのんびりしていることがあります。

 

どうしても水面の光の反射が出やすいために思っているような写真が撮れないです。

今日の写真は画像処理のソフトを使用して、こてこてに加工してみました。

写真としてはかなり違和感がありますが、生き物の姿、形などの特徴を浮かび上がらせて確認したり、勉強するのにはとても便利です。

無料のフリーソフトでほんとうにいろいろなことができるんですね。

 

 

こちらに気が付くと、すばやく逃げていきます。

まさに土煙をあげて、泳いでいきます。

 

違うところでも、魚が泳いでいました。

ぱっと見たときにミナミクロダイかなと思ったのですが、じっくり観察してみるとボラでした。

クロダイと比べると体高も全然違います。

そして顔というか鼻先も丸みを帯びています。

実際にその場で見ているときも、体の模様が気になっていました。

こうして画像処理した後で、改めて見てみると、かなりけがをしているようです。そのために弱っていて、動きも鈍かったのかなと思いました。

いつも、たくさん写真を撮るのですが、なかなかじっくりと見返すということが少ないので、ちょっと反省しています。

せっかく一生懸命に撮影したのですから、1枚1枚をもっと大切にしないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月の最終日は穏やかでカヤック日和でした 2017年9月30日

早いもので今日で9月も終わりです。

中旬にあの台風18号がやってきたので、そのころはツアーが中止となってしまいました。

思っていた以上に台風の速度が遅く、沖縄の周りをぐるりと回っていったために、かなり影響が大きかったです。

でも、それ以外はまあ、なんとかツアーを開催できる日が多かったです。

明日から10月だなんて、ほんとうにピンときません。

まだまだ暑いので、ぬれてもよい軽装で開催しています。

でもこれからだんだんと涼しくなるのかもしれません。

その時は防水ウェーダーでマングローブ散策を楽しみます。

今年はあとどれくらい暑い日が続いてくれるのでしょうか。

今日は珍しいことに1時間30分のコースのみでした。

穏やかで良いコンディションでした。

 

9時のコースです。

干潮なので、生き物たちが元気に活動していました。

ヒメシオマネキやヤエヤマシオマネキ、アオアシシギも見ることができました。

クロヨナの木も花がたくさん咲いていて、とてもきれいです。

 

 

11時30分のコースです。

シオマネキのほかに、ノコギリガザミのこどもや、クマドリオウギガニも出てきました。

日中にこれらのカニを見つけることができるとうれしいです。

でもでも、女性の方はカニがとても苦手だそうです。

カニが近くにたくさんいてごめんなさい。

 

 

午後のコースです。2組9名様でのご参加です。

だんだんと太陽も沈み始めているので、川の広い範囲が日陰になり始めています。

そして夕方のオレンジ色のあたたかい光に変わりつつあります。

お二人とも上手にカヤックを漕いで楽しんでいました。

 

こちらの7名様は、海外旅行をした際に知り合ったみなさんだということです。

とっても素敵な出会いですね。

みなさん、ちゃんとナイスなチームワークで楽しんでいましたよ。

とってもにぎやかで楽しかったです。

 

 

今日はトワイライトカヤックは入っていないのですが、とてもきれいな夕焼けを見ることができました。

本当にきれいですね。

青いラインが伸びています。

きっとはるか西側にある大きな雲に当たった部分が、おもしろい光のいたずらをしているのでしょうか。

 

午後のカヤックで見ることができた月はとてもきれいに輝き始めていました。

ズームアップして撮影しました。

こんなところに1969年7月20日にアポロ11号で人類が降り立っていたなんて、信じられないですね。

 

西側の空は夕焼けモードで撮影すると、さらに美しい風景に。

 

目の前をコウモリが飛んでいきました。

まだ木がしなる音が聞こえたので、行ってみると電線にコウモリがぶら下がっていました。

暗かったので、シルエットでしか見ることができなかったのですが、試しに撮影してみました。

ストロボを発光させたんで、驚いて飛んで行ってしまいましたが、不思議な写真を撮ることができました。

ストロボの光で目が光っています。

 

魚眼の風景 2017年9月28日

ここ数日の間で撮影した画像です。

フィッシュアイ(魚眼)レンズで撮影しているので、不思議な感じです。

お客さんにプレゼントしているCDには入っていないものです。

 

 

お天気が良いときに時々、撮影しています。

魚眼レンズなので、見上げたり、見下ろしたりして撮影すると周囲が湾曲します。

 

アコウという木です。

 

ガジュマルと同じようにイチジクの仲間です。

 

 

風力発電の風景です。

 

やっぱりとても巨大な構造物ですね。

遠くからでも目立ちます。

これが見えてきたら自然学校はすぐです。

 

 

カヤック乗り場の風景です。

きれいな砂浜に変わりつつあります。

もともとは泥の干潟でしたが、海流の変化で、海からきれいな白い砂がだんだんと運ばれてきています。

生態系も変わってきます。

 

 

お天気が良いと、楽しいですね。

でもあまり良すぎると、まだまだ超暑いのです。

 

 

誰もいない。

そして何もない。

これが本当に贅沢なことなのかもしれません。

 

 

風車は今日も回っています。

雲も流れていきます。

2017年9月12日