漁港から本部へ

2002年3月8日(金)

漁港からの朝日の様子です。とてもきれいでした。

クロサギ(白色バージョン)でしょうか。水際で小魚をねらっています。
雲の切れ目から日がさしているのがとてもきれいに見え始めました。。
この日はまだ少し波がありましたが、回復には向かっています。透明度は良いようですね。
ちょっと本部のほうへ足を運びました。するとヒカン桜の実(サクランボウ)をズアカアオバトが一所懸命に食べていました。この鳥はすごく渋い鳴き声ですよ。尺八を吹いているような音を出します。
ツバメもいま、がんばって活動しています。えさをとっていました。
きれいな花が咲いていました。ハチが花の蜜を集めていました。暖かくなって、生き物たちの活動も一気に活発になってきているようです。
ちえ食堂のみそ汁です。うちのかみさんがここのみそ汁はおいしいと、まんてんそば(なきじんのおいしいおそばの店)で教えてもらったそうです。注文してみたら、本当にとてもおいしかったです。とっても具だくさんでした。
この幸せそうな顔。かみさんは今日は久しぶりの休日です。沖縄のメニューはおもしろいです。とにかく定食なんです。「みそ汁」には、どんぶりに入った汁(メイン)とご飯がついているんです。
このおみせのみそ汁おいしかったです。みなさんも行ってみると良いですよ。
南国ならではの風景ですね。桜とヒカゲヘゴです。
ここに咲いている桜はちょっと種類が違うようですね。
車で走るといろいろなところでミカンの畑を見ることが出来ます。いま、タンカンが出荷されています。甘くてとてもおいしいです。

なきじん海辺の自然学校