沖縄美ら海水族館オープンの日レポート

TEL. 0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

見出し美ら海水族館オープン

美ら海水族館オープンの日


11月1日 2002年のレポートです



沖縄美ら海水族館とシーカヤックマングローブがおすすめ!

なきじん海辺の自然学校から20分









2002年11月1日、ついに美ら海水族館がオープンしました。 さっそくみなさんに紹介します。 美ら(ちゅら)というのは沖縄の方言で、美しいという意味があります。 美しい海の水族館ですね。 ほら、ちゅらさんという名前のドラマもあったでしょ。




長いエスカレーターを上って入り口へと向かいます。



かなり高いところにあがってきました。 見晴らし抜群です。



海人門(ウミンチュゲート)です。 晴れた日にはエメラルドグリーンに輝く海と、遠方に伊江島を望む情景が広がります。 



いよいよ入場します。 



サンゴ礁への旅というテーマの展示が始まります。 まずはイノーの生き物たちとしてタッチプールがあります。



実際に海の生き物を手にとることが出来ます。 ひっくりかえったアオヒトデがどうやって起き上がるのか実験してみてはいかがですか。 シャコガイや異常にでかいクモガイもありますよ。



サンゴの海の水槽です。 

美ら海水族館では世界でも例がないといわれる大規模なサンゴの生態飼育を見ることが出来ます。



水槽の中にある水中カメラで生きたサンゴを間近に見ることが出来ます。



このコントローラーで水槽内のカメラを自分で操作して自由に水槽の中を映し出すことが出来ますよ。



熱帯魚の海というエリアです。 カラフルな魚たちがたくさん泳いでいます。



ちょうど魚たちにえさを与えるところだったので、本当にすごかったです。



ナポレオンことメガネモチノウオも悠然と泳いでいます。 やっぱり貫禄がありますね。



黒潮への旅というテーマの展示です。 サメ博士の部屋(危険ザメの海)というコーナーです。



サメたちが悠然と泳いでいます。



ひろこさんがこんなに小さく見えるんですから、どんなにでっかいかお分かりいただけるでしょうか。



黒潮の海 大水槽です。 ここが最大の見せ場、7500トンの世界最大級の水槽「黒潮の海」です。ジンベエザメやマンタの群泳を巨大アクリルガラスで見ることが出来ます。 人の大きさと比べると、その大きさが分かりますよね。 



まるで映画館の最前列にいるかのような迫力です。 現在3頭のジンベエザメがはいっています。



なんてぜいたくな光景なんでしょう。 ジンベエザメすら小さく感じてしまう水槽です。 昔の水槽が懐かしい気もしますが。



この日がオープン記念日ということもあってテレビ局をはじめとしたマスコミ各社が総動員といった感じです。



巨大水槽の一角にある奇妙な形のものを発見。



アクアルームと呼ばれるこのエリアでは、ジンベエザメやマンタの泳ぎを下から見上げることが出来ます。



ここは売店です。 オリジナルのTシャツも販売していました。



この日は時間がなかったので超駆け足で見てきました。 このほかにも水上観覧コース(黒潮探検隊)、水辺の生き物たち、美ら海シアター、サンゴ礁の海の個水槽、サンゴの部屋、ジンベエ&マンタコーナー、深海探検の部屋、深層の海などたくさんの展示や解説があります。
入園料は1800円になりましたが、その値段以上の価値が十分にあります。 年間パスポートは3600円なので、ぜひ年間パスポートの購入をお勧めします。 

公式ホームページ


レポート 夜の沖縄美ら海水族館(テスト公開のとき)


バナースペース

なきじん海辺の自然学校

〒905-0401
沖縄県今帰仁村仲宗根992

TEL 0980-56-5881
FAX 0980-56-5897