ミジュン、食ったどー!

2005年6月7日

戦利品を大ちゃんにも見せました。
大ちゃんもびっくり。

さあ、これからミジュンの手開き講座が始まります。講師はおかんです。

さばく前に記念撮影する2人。
何事もなかったかのように大根の皮をむく大ちゃん。
台所がとっても狭く感じるのは気のせいでしょうか。
(反語です。そのあとに いや気のせいではない。狭いのだ。と続けてください)
ちゃんとできました。自分がさばいたものを指差すヨモちゃん。
マユちゃんもできました。さばいているうちに実が少なくなっちゃったようですが、それもご愛嬌です。
これからタタキにしましょうね。

うわー、いい感じですね。超新鮮、とってもおいしそうです。
はい、いつものお約束です。
撮影タイムです。
私が言うのもなんですが、
撮影が多い宿です。うちは。はい。
みごとにミジュンのタタキの出来上がりです。
いただきまーす。
幸せそうです。
くさみがぜんぜんありません、本当においしかったです♪
自分たちでつかまえて、調理したミジュン。
最高のご馳走ですね。今度はちゃんと投網を用意しますから、みんなで捕まえてみましょうね。
楽しい試食会となりました。しょうが醤油でもいいし、めんつゆで食べてもおいしいです。ポン酢も今度試してみましょうね。



なきじん海辺の自然学校