沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

オートフォーカスカメラの日 2017年11月30日

オートフォーカスカメラの日 2017年11月30日

今日はオートフォーカスカメラの日だそうです。

1977年11月30日に世界初の自動焦点調節機能(AF オートフォーカス)内臓のコンパクトカメラであるコニカC35AFが小西六写真工業株式会社から発売されました(現在のコニカミノルタ)。

ジャスピンコニカの愛称で大ヒットしました。

すごいですよね。

なんといっても世界初の出来事ですから。

コマーシャルは井上順です。

私も何となく覚えていました。

井上順さんは超売れっ子のタレントさんで、いろいろなコマーシャルやテレビのバラエティにも引っ張りだこでした。

今も久しぶりにテレビで見ると懐かしく感じます。

昔のテレビっ子たちにとっては画面の中の常連さんでしたから。

このカメラのヒットを受けて、カメラメーカー各社でオートフォーカスのコンパクトカメラをぞくぞくと開発していきました。

1眼レフとして印象に残っているのはやはりミノルタのα7000シリーズの大ヒットです。

私が実際にオートフォーカスの1眼レフのカメラを手にすることができたのはニコンのF801という機種でした。

オートフォーカスというのは、今では当たり前の機能となっています。

もはやマニュアルフォーカスという言葉さえ、使われなくなっているのかもしれませんね。

ただし、カメラのオートフォーカス機能、測距にも得手不得手があり、どうしてもピントが合わない時もあります。

そんな時はモードをマニュアルにして手動でピント合わせしたり、フォーカスをロックして、自分が動くことで被写体にピントを合わせることもありました。

デジカメ全盛の今の時代も、やはり撮影は楽しいですね。

機能が多すぎて使いこなすことができませんが、このブログのようにいろいろな風景をみなさんの大切な思い出として記録させていただくことができます。

オートフォーカスが広く普及したことで、こうしてカヤックツアーでたくさん写真を撮ることができるんですよね。

ほんとうにジャスピン、素晴らしいです。

ジャスト+ピントでジャスピンです。

ピントぴったりですね。

では、今日のカヤックツアーの紹介です。           

 

午前の1時間30分コースです。

お姉ちゃんは見晴らし良いように前の席にお母さんと一緒に座りましたよ。

パドルもお母さんが握っている内側をもって、2人で一緒に協力しながらカヤックを漕ぎます。

はい、チーズ!

記念撮影もばっちり!

ポーズもばっちりです。

シオマネキたちもポーズがばっちり!

ピースサインが決まっています。

あっ、これはハサミですね。

ちなみに日本でのピースサインの普及は井上順がコニカのカメラコマーシャルでアドリブで使ったり、バラエティで使ったりしたことから普及したともいわれています。

私たちの世代ではサインはVというテレビドラマが有名ですが、勝利(Victory)のVというよりは、このポーズはやはり「ピース!」です。

 

はい、ピース!

あれ、お姉ちゃん、こっちを向いてね。

ちょっと照れくさいのかも。

 

シレナシジミです。

カニの抜け殻です。

脱皮した後の殻がきれいに残っていましたよ。

これがかなりのお気に入りになりました。

チームワークもばっちりですね。

撮影用に子供用のパドルも用意しておきましたよ。

お母さんが休憩していても、お姉ちゃんがじょうずに漕いでいますよ。

おつかれさまでした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは午後の1時間30分コースです。

修学旅行で沖縄へ来られています。

タクシーでの班別行動です。

 

マングローブの入り江で記念撮影です。

ピースサイン!

そしてサムアップ!

親指を立てているサインはサムアップというポーズです。

日本ではgood!を意味しています。

こちらはダブルピース!

 

 

こちらの入り江も探検してみました。

干潮の時は浅くてはいることができませんが、潮が満ちているとカヤックで散策できます。

みなさん、チームワークもばっちりです。

 

 

 

 

岸に到着しました。

みなさん、カヤックの操船、とても上手でしたよ。

おつかれさまでした。

みなさん、今日はありがとうございました。

残りの日程も楽しんでくださいね。

 

« »