沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

今 万感の思いを込めて・・・ 2018年2月25日

今 万感の思いを込めて・・・ 2018年2月25日

今日、2月25日は声優の城達也さんの命日です。

ジェットストリームで有名です。

この方のナレーションでほんとうに心地よい音楽の世界を楽しむことができました。

飛行機に乗ると座席に装備されている設備で音楽を楽しむことができました。

ビニール袋に入っているヘッドフォンを取り出して、放送を聞くのが空の旅の貴重な楽しみでした。

そのプログラムの中にジェットストリームがありました。

ほんとうに心を落ち着かせてくれる、やさしい声でした。

あー、やっぱり大沢たかおさんではないんですよね。

私たちの世代に染みついている声は。

各種のテレビ番組やCMのナレーション、映画の吹き替えでも活躍されていました。

映画のナレーションといえば、特に心に残るのが、銀河鉄道999のエンディングのナレーションです。

「今 万感の思いを込めて汽笛がなる。今 万感の思いを込めて汽車が行く。一つの旅は終わり また新しい旅立ちが始まる。さらばメーテル。さらば銀河鉄道999。さらば少年の日。」。

そして汽笛がなり、ゴダイゴの銀河鉄道999が演奏されます。

エンドロールが流れる中、暗闇の中を鉄郎が走り続けます。

声の出演として、吹き替えの声優の名前も次々に流れますが、名優ぞろいで超贅沢です。

その最後にナレーター城達也の文字が。

ほんとうに最高のエンディングでした。

今見ても、泣きそうになります。

さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅の最後でも同じナレーションとなっていますが、最後は「さらば少年の日」というナレーションの代わりに、「・・・そして少年は大人になる」という字幕になっています。

そしてメアリー・マッグレガーのLOVE LIGHTが演奏されます。「さよおなら・・」という歌です。

エンドロールが流れる中、メーテルの姿、そのあとで第1作目のシーンがモノクロで流れます。

声の出演はやっぱりお歴々たちの名前が。

最後にナレーター城達也、黒騎士 江守徹です。

シリーズの本当の終わりを告げるかのように汽笛が鳴り響いて映画が終了します。

城達也さんのナレーションが本当に心にしみました。

この方のナレーションがあっての名作でした。

エターナルファンタジーという作品も公開されましたが、私はどうしても好きになれません。

2作だけで本当に完結したような気がします。

 

それでは今日のカヤックツアーの紹介です。

 

 

午前の湧き水散策2時間30分コースです。

2名様のご参加です。

今日はこの一組だけなので、画像を少し多めに掲載させていただきます。

お天気が良いうちに青空をバックに写真を撮りましたよ。

 

南風が強く吹いているので、ガイドのカヤックとつないで風に向かっていきます。

その代わり、帰りはとってもらくちんです。

風が押してくれますから。

 

マングローブの入り江にやってきました。

シレナシジミを観察です。

 

この貝の生態や沖縄の人々の暮らしとのかかわりについても紹介しているんですよ。

ではカヤックを降りて探検です。

1時間30分コースは船を降りません。

この探検が楽しいんです。

 

ミナミトビハゼも様子をうかがっていますね。

 

 

 

 

どアップすぎですかね。

ちょっと不気味です。

 

湧き水エリアで生き物観察です。

こちらのハゼは石の上で休憩中かも。

 

          

ふたたび漕いで出発です。

 

今度は風が押してくれます。

 

干潟にはシオマネキが出ています。

エサを食べた後、排出した砂がお団子のようになっていますね。

 

琉球石灰岩をバックにハイ、チーズ。

今日はヤエヤマヒルギを観察しましたよ。

根っこの形がすごいですね。

支柱根と呼ばれています。

ほんとうにタコ足ですね。

 

ヤエヤマヒルギの葉っぱはメヒルギよりも大きいです。

 

つぼみと実が両方ともありますね。

 

実から種子が伸びてきます。

まだまだちょこっとしか出ていないですね。

昔は植樹されてもっとたくさんありました。

私が調べたときは70本近くありまた。

今ではこれだけになりました。

 

さあ、乗り場へ戻りましょう!

岸に到着しました。

 

めっちゃかっこいいポーズをとってくれました。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

« »