沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

海辺の自然学校ブログ

マングローブカヤック2時間30分やモーニングカヤック、トワイライトカヤックは当日のお楽しみのために、湧き水での自然観察の様子はくわしくは掲載していません。

  • 気温が上がってカニだらけ 2018年1月15日気温が上がってカニだらけ 2018年1月15日
    "今日、1月15日は成人の日でした(むかしは)。 2000年から成人の日は1月の第2月曜日に変更になりました。 でも、どうしても頭がついていかないので困っています。 体育の日はやっぱり10月10日です。 祝日が変更になって […]"
  • ミナミコメツキガニの大行進 2018年1月14日ミナミコメツキガニの大行進 2018年1月14日
    "1954年の1月14日に南極の昭和基地に置き去りにされていた犬のうち、2匹の生存が確認されたそうです。 それがタローとジローです。 大ヒット映画「南極物語」で覚えている人も多いかもしれません。 高倉健さんが「タロー!ジロ […]"
  • 寒中お見舞い申し上げます 2016年1月6日寒中お見舞い申し上げます 2016年1月6日
    "昨日5日が24節気の小寒です。 寒の入りといわれていて、まさに寒い季節の到来となります。 そして立春が寒の明けということになります。 この間が寒中です。 そういえば寒中水泳などというのも、このような本当に寒い季節の行事な […]"
  • 目立つともてるが 食べられる 2018年1月4日目立つともてるが 食べられる 2018年1月4日
    "雲も多くなりましたが、晴れ間ものぞく天気となりました。 年始としては暖かいです。 12月中はかなり寒い日がありましたから。 今日1月4日は歌手の子門正人さんの誕生日です。 若い人たちは昭和歌謡を紹介するような番組でしか見 […]"
  • 正月三が日、すべて晴天です! 2018年1月3日正月三が日、すべて晴天です! 2018年1月3日
    "今日もとても良い天気です。 お正月の三が日すべてが晴れるというのは意外に少ないんですよ。 何日か天気が悪い時が多いです。 今年は無事に3日間とも晴天です。 その代わりに、こういう時はそのあとが大荒れになることもあります。 […]"

ブログ一覧

気温が上がってカニだらけ 2018年1月15日

今日、1月15日は成人の日でした(むかしは)。

2000年から成人の日は1月の第2月曜日に変更になりました。

でも、どうしても頭がついていかないので困っています。

体育の日はやっぱり10月10日です。

祝日が変更になって、祭日に伴う連休ができることが嬉しいです。

特に今のようなレジャーに関連している仕事をしている者にとってはありがたいです。

でも、カレンダーが頭に焼き付いているんです。

ちなみに声優の大塚周夫(ちかお)さんの命日でもあります。

ほんとうに突然亡くなられたという感じでした。

ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男やチキチキマシーン猛レースのブラック魔王、ルパン三世ファーストシーズンの石川五エ門、忍たま乱太郎の山田先生、挙げるときりがありませんね。

映画の吹き替えではリチャード・ウィッドマークやチャールズ・ブロンソンなどのとにかく渋い声が魅力的でした。

やっぱりねずみ男といえば富山敬(宇宙戦艦ヤマトの古代進の声)ではなく、この人です。

石川五右衛門も井上真樹夫(巨人の星の花形満やキャプテンハーロックの声)ではなく、大塚周夫さんの独特の声が印象に残っています。

渋かったです。

井上真樹夫さんに代わってからは、石川五エ門がかっこいいキャラに代わった気がします。

私はテレビっ子で、いろいろなアニメ作品を見ていたので、ほんとうになじみが深い声優さんでした。

こどもの大塚明夫さんも声優をされていて、攻殻機動隊のバトーや紅の豚のカーチス、スティーブン・セガールやスタートレック(TNG)のライカー副長ほか多数です。

忍たま乱太郎のお仕事も引き継がれています。

親子二代でご活躍されていますね。

 

では、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

       

午前の1時間30分コースです。

ほんとうに良い天気になりました。

そして昨日よりも気温が上がりましたよ。

川も穏やかなコンディションですね。

引き潮のために地面が干上がっています。

 

せっかくなので、パドル練習をする前にカニの観察です。

ものすごくたくさんのコメツキガニがエサを食べながら活動していました。

でもさらに水際に近いところに目を移すと、いました。

やつらがいましたよ。

コメツキガニに混ざって、ミナミコメツキガニもたくさん出てきています。

水分を多く含んでいる軟泥のエリアにいるので、人の気配がすると、あっという間に潜って隠れてしまいます。

すから、いなくなる前に少し離れたところから撮影です。

川のほうから見ると真正面を向いている写真が撮れるのですが、今は陸側から接近しているので、ほぼ後ろ姿になっちゃうかな。

隠れる前にお客さんに教えます。

離れているときに教えないと、肝心な時には何もいない状態になりますから。

私たちが接近すると、本当にすーっと消えてしまいます。

音もなく静かに何もない状態です。

ただし、ときどき隠れるのが遅いカニもいるので、つかまえることができましたよ。

浅いところに潜っているので、泥ごとすくっても見つけることができます。

手に取って観察中です。

体を回転させながら上手に潜るんですけど、指と指の間に潜って隠れようとしますよ。

でも無理だとわかると、そのまま丸くなってかたまったままです。

完全に死んだふり状態になります。

今、手に持っているカニは、このまま死んだふり状態になって、まったく動かなくなりました。

これから出発です。

 

二人とも上手です。

チームワークもばっちりです。

       

 

 

 

シレナシジミと記念撮影です。

マングローブです。

小さくてかわいいメヒルギという種類です。

葉っぱに塩分をためることができます。

そして、ある程度たまると枯れて黄色くなって、落葉します。

これで体内の塩分を排出する仕組みです。

よくできていますね。

画面中央の葉っぱは黄色くなり始めていますよ。

 

 

 

今日はシオマネキがたくさん出てきてくれました。

海が見えるほうへ遊びに行きます。

前の方もだいぶ上手に漕いでいましたよ。

後ろの方はときどき休憩していましたよ(笑)。

  

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

こちらは午後の1時間30分コースです。

ご家族3名様の参加です。

潮が引いているのでコメツキガニがたくさんいましたよ。

でも先ほどの回よりは、すこし水位が上がってきたので、ミナミコメツキガニはもう姿を消していました。

ほんとうに忍者みたいなカニですね。

 

さあ、それでは出発です。

お父さんは一人で乗ることになりましたよ。

午後も穏やかですね。

シオマネキも出てきています。

 

 

マングローブの入り江にやってきました。

シレナシジミと記念撮影です。

なかなか見つからなかったのですが、ミナミトビハゼもいましたよ。

でもけっこう小さいです。

夏に生まれたんでしょうね。

かわいいです。

気温が高くなって、シオマネキたちがたくさん出てきています。

昨日は驚くほどいなかったのですが、やはり生き物たちは周囲の環境にとても敏感に反応するんですね。

 

また川の広いエリアに漕ぎ出すことにしますよ。

 

みなさん、とても上手です。

チームワークもばっちりです。

浅いところは水の底が見えていますね。

光がとてもきれいです。

海が見えるところに遊びに来ましたよ。

お母さん、かなり上達してきました。

ときどき後ろに乗っているお兄ちゃんが休憩していましたよ。

海をバックに記念撮影です。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

ミナミコメツキガニの大行進 2018年1月14日

1954年の1月14日に南極の昭和基地に置き去りにされていた犬のうち、2匹の生存が確認されたそうです。

それがタローとジローです。

大ヒット映画「南極物語」で覚えている人も多いかもしれません。

高倉健さんが「タロー!ジロー!」と叫ぶCMが印象的でした。

この映画はテレビで放送されたときに見たことがありますが、取り残されたほかの犬たちの最後がとても悲しかったことを覚えています。

これらはフィクションです。

かなり昔に「タローとジローは生きていた」という曲もできました。

大人になってから、上野の国立科学博物館にジローのはく製が展示されているのを見て驚きました。

その後「南極大陸」というテレビドラマが放送されましたが、私は見ていません。

日本では忠犬ハチ公と並んでとても有名な犬たちですね。

外国で有名な犬というとイメージ的に、実在ではありませんが、名犬ラッシーやベンジー、パトラッシュやヨーゼフが思い浮かびます。

どれもドラマや映画、アニメの世界ですね。

リンチンチンに関しては、ぼんやりとした記憶で名前だけ聞いたことがある程度です。

 

では、犬たちの話はさておいて、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

     

今日は午前の湧き水散策2時間30分コースの一組だけです。

4名様のご家族の参加です。

ものすごくよい天気になったのと、久しぶりのブログのアップということもあり、いつもより多めに写真をアップしてみます。

 

本当に良い天気ですね。

今日は午前と午後、どちらの時間が良いでしょうと、お申し込みの際にご質問がありましたので、干潮で潮がひく午前の回をお勧めしました。

そのほうが生き物観察にはお勧めだったので。

 

午前は驚くほど良い天気だったのですが、午後になると雲が多くなり、天気が悪くなりました。

雨が降るのかと思うほどでしたよ。

午前のツアーで本当に良かったです。

でもでも、気温が低いためにシオマネキが全然いません。

晴れてはいるのですが、気温が20度を下回ると、シオマネキ的にはお家から出るのが嫌なのかもしれませんね。

これには驚きました。

普段はこの潮が引いた地面の上にシオマネキがびっくりするほどたくさん出てきますから。

 

マングローブの入り江ではシレナシジミと記念撮影です。

 

カヤックを降りて、さらに探検です。

2時間30分コースはこんな感じですよ。

1時間30分コースは乗ったままのツアーです。

 

湧き水エリアで生き物観察です。

さあ、何か見つかりましたか。

 

       

ミナミトビハゼです。

この写真では思いっきり変顔に写っています。

本当はもっとかわいいですよ。

それにしてもすごくひどい顔ですね。

 

お姉ちゃんがミナミトビハゼと遊んでいます。

 

岩の切れ目からクマドリオウギガニが姿を現しましたよ。

右のはさみはなくなっています。

顔の模様がきれいですね。

まさに歌舞伎の化粧である、隈取(くまどり)です。

 

その間にお姉ちゃんがミナミトビハゼをつかまえました。

すごいですね。本当にすごいです。

逃げないように手で蓋をしているんですよ。

そうしないと指の間からでもジャンプして逃げちゃいますから。

アメンボも泳いでいますね。

アメンボがいるとミナミトビハゼが水辺に移動してきて、狙っていることがあります。

つかまえて食べちゃうんです。

ミナミトビハゼは実は敏捷なプレデター(捕食者)なんですよ。

そして狙われているアメンボも実はかなりえぐい捕食者です。

つかまえたほかの虫の体液などをドラキュラのように吸うんですよ。

ちょっと気持ち悪いですね。

 

メヒルギの種が落ちていましたよ。

ちょっと早いような気もしますが、ここしばらく強風が続いていたので、抜け落ちたのかもしれませんね。

でもちゃんと上部の先端部の部分も無事です。

ある程度、成熟しているようです。

この先っぽのところが葉っぱなんですよ。

母親の木についている段階で芽が出て、小さい葉っぱが準備されているんです。

 

メヒルギの種と記念撮影です。

小さすぎるものは生長はしません。

 

せっかくなのでお姉ちゃんに植えてもらいましたよ。

新年初の植樹ですね。

がんばって生長してほしいです。

 

          

シオマネキはちょっと離れたところに、だんだんと出始めているようです。

それを狙って、イソシギが歩き回っていますよ。

どうやらつかまえたようですよ。

 

 

ちょっとカニの種類まではわかりませんが、しっかりとつかまえています。

鳥に比べると大きいですよね。

口に入るのか心配ですが、大丈夫、ちゃんとご飯にありつくことができました。

 

 

 

 

岸辺には怪しい生き物たちが群れを成しています。

ミナミコメツキガニの軍団です。

餌を食べながらの大行進です。

英語ではソルジャークラブ(軍隊ガニ)という名前がついているくらいですよ。

 

カヤックを降りて観察中です。

そうすると逃げ遅れたカニを見つけることができましたよ。

形も面白いですね。

タカアシガニが超小さくなったような感じです。

 

ぐるぐると体をうまく回転させながら、上手に潜っていくんですよ。

水分を多く含んでいるところだと、あっという間に身を隠します。

ものすごくたくさんいましたよ。

 

では、エイエイオーで記念撮影です。

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

寒中お見舞い申し上げます 2016年1月6日

昨日5日が24節気の小寒です。

寒の入りといわれていて、まさに寒い季節の到来となります。

そして立春が寒の明けということになります。

この間が寒中です。

そういえば寒中水泳などというのも、このような本当に寒い季節の行事なのですね。

暑中お見舞いではなく、寒中お見舞いというのもあります。

暦通りに昨日から天候が悪く、寒くなってきました。

お正月からしばらくとても良い天気だったので、いっきに寒く感じるようになりました。

国的にかなり冷え込んできています。

週明けには冬将軍の到来なんて書いてありました。

今日は風が強くなってしまったので、お昼までのツアーは強風と高波で中止となりました。

お昼前は満潮だったために強風で波が高くなりました。

午後の1時間30分コースは8名様のご家族のグループさんだったのですが、小さいお子さんがいらっしゃるのと、人数が多いということもあり、中止としてほかのエリアでの体験をお勧めしました。

2時間30分コースで、カヤック経験がある3名のご家族様だけの案内となりました。

せっかくの連休なのですが、悪天候なので困ってしまいます。

これから、しばらく全国的にコンディションが悪そうです。

 

そして今日はシャーロックホームズの誕生日だといわれています。

1854年1月6日です。

コナンドイルが生み出した天才探偵です。

子供のころから読んでいる作品です。

「緋色の研究」という作品で初めて登場しました。

「最後の事件」でホームズは消し去られてしまいますが、その後、「空き家の冒険」で再登場しました。

ほかの作家が書いたパスティーシュ作品(模倣したもの)もたくさん出ています。

いろいろな役者さんが映画やテレビ、舞台でシャーロックホームズを演じています。

新しいところではベネディクト・カンバーバッチやロバート・ダウニーJrがいます。

この二人が演じた作品もオリジナルとは違う独特なものですね。

そしてイギリスのテレビドラマでのジェレミーブレットはまさにはまり役でした。

かわったところではドラキュラ映画で有名なピーターカッシングやクリストファーリー、スタートレックのミスタースポックで有名なレナードニモイも演じたことがあります。

時代をこえて愛されている名探偵ですね。

では今日のカヤックツアーの紹介です。

 

午後の湧き水散策2時間30分コースです。

ご家族3名様の参加です。

お昼過ぎまで風がかなり強かったので中止となりました。

午後も風がまだ強いために、この3名様だけの開催とさせていただきました。

ご参加できなかったみなさん、すみませんでした。

 

 

陸上でのパドル練習が終わった後で出発です。

 

カヤック乗り場からは強い追い風です。

とっても速く進みますよ。

ブレーキも掛けながら、スピードをコントロールです。

帰りは思いっきり逆風、向かい風になりますね。

 

マングローブの入り江にやってきましたよ。

とっても大きいですね。

シレナシジミと私たちというテーマです。

湧き水エリアで生き物観察中です。

お母さんが何かつかまえましたよ。

ミナミトビハゼの子供です。

すごいすごい!

 

小さくてとてもかわいいですね。

お目目もパッチリです。

さあ、これからまた川の広いエリアで漕ぎ始めますよ。

その前にみんな一緒に撮影です。向かい風が強いので、お父さんチームはガイド艇とつなぎます。

お母さんは後ろにスタッフが乗っているので大丈夫です。

 

 

 

強風の中、海が見えるところまでがんばって漕いでいきましたよ。

帰りは追い風になるので、お父さんチームはカヤックを切り離して、自由行動です。

みんな上手ですね。

おかえりなさい。

 

岸に帰ってきました。

エイエイオーで記念撮影です(私がリクエストしてやってもらっていますよ)。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

風は強かったですが、みなさん、とても上手でした。

 

 

目立つともてるが 食べられる 2018年1月4日

雲も多くなりましたが、晴れ間ものぞく天気となりました。

年始としては暖かいです。

12月中はかなり寒い日がありましたから。

今日1月4日は歌手の子門正人さんの誕生日です。

若い人たちは昭和歌謡を紹介するような番組でしか見たことがないかもしれませんが、大ヒット曲の「およげ!たいやきくん」が有名です。

その当時は毎日、そして1日中、この曲が流れていました。

空前絶後の(サンシャイン池崎みたいに叫んでください)大ヒットでした。

いまだにシングル売り上げは歴代1位なのではないでしょうか。

お茶の間ではこの曲の前から知られていました。

仮面ライダーの主題歌とエンディングを歌っていました。

最初は主演の藤岡弘さんがオープニングを歌っていたのですが(かなり渋くて通好みだと思いました)、「変身!」が大ヒットして社会現象にまでなった佐々木剛さんの2号ライダーの時から、おなじみの子門さんのオープニングになりました。

ほんとうに独特の歌声でした。

その後もガッチャマンやライディーン、キカイダー01など、ほかにもたくさんの曲を歌っています。

そういえば「ホネホネロック」もそうですね。

水木一郎、ささきいさお、そして子門正人のお三方がアニメソングの御三家です。

当時はアニソンなんて言葉はなかったですから。

今もアニメはとても人気があるので、ことあるごとにテレビでアニソン番組があり、昔懐かしい曲を楽しむことができます。

you tubeもあるので、いつでもタイムスリップして、当時の世界に戻ることができますね。

心に残る歌、そして歌手のみなさんは私たちにとっても不滅の存在ですね。

では、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

                

午前の湧き水散策2時間30分コースです。

2組8名様のご参加です。

さあ、出発前の記念撮影です。

みんなこっちを見てくださいね。

 

こちらの4名さんも写真を撮りますよ。

はい、チーズ!

 

カヤックを漕ぎ出しましたよ。

穏やかで気持ちがいいですね。

こちらのチームも上手ですよ。

はじめに海のほうへ近づいてみますよ。

そうはいっても海に出るわけではありません。

 

ほら、こんなふうに海が見えているんですよ。

白いブイのところでUターンです。

みんな戻ってきてくださいね。

今度はマングローブのほうへ遊びに行きます。

マングローブの入り江にやってきましたよ。

急速に潮が引き始めているんですよ。

そして今度は湧き水エリアで自然観察です。

 

みなさん、なにかいましたか。

見つけたら教えてくださいね。

ミナミトビハゼです。

シレナシジミ、おおきいですね。

ピースサインが決まっていますね。

また漕いで遊びに行きましょうね。

こちらも記念撮影です

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

 

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

     

こちらは1時間30分コースです。

4名様のご参加です。

 

対岸の琉球石灰岩の地形にやってきました。

近づくことができたので、実際に触ってみましたよ。

手触りはいかがですか。

これが昔、サンゴだったなんて信じられないですよね。

 

こちらも記念撮影です。

もう少しすると潮が引いて、岩に接近することができなくなります。

マングローブのほうへやってきましたよ。

メヒルギの木の根が見えていますね。

板根(ばんこん)といって、板を立てたような根に成長するんですよ。

それによって、こんな泥の軟弱な地盤でも木を支えることができるんですよ。

こんな複雑な形の根の間にカニや小さい魚が隠れるとこもできるんですね。

とても大切な場所です。

 

シレナシジミを持つとみんな、いろいろなポーズです。

写真集が出せるかもです。

そしてみなさん、素敵な笑顔になります。

これを私はシジミ効果と呼んでいます(こう呼んでいるのは私だけです)。

 

     

 

 

 

 

別の入り江にやってきましたよ。

水面に景色が反射してきれいですね。

 

 

メヒルギの種が落ちていましたよ。

茶色の果実から緑色の種子が伸びています。

 

ミナミトビハゼが木に張り付いているんですけど、どうみても垂直どころではないですよね。

忍者顔負けですね。

腹びれのおなかのところをうまく使って、吸盤のようにしているんですよ。

だから、こんなところに張り付くことができます。

 

晴れていますね。

やっぱり青空がいいですね。

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは11時30分からの1時間30分コースです。

2組8名様のご参加です。

子供チーム、ウェアが決まっていますね。

かわいい&かっこいいです。

 

こちらもとってもかわいいですね。

ウェアが決まっています。

 

漕ぎ始めて対岸にやってきましたよ。

みんな集まってくださいね。

写真を撮りますよ。

 

潮がだいぶひきはじめてきたので、シオマネキがたくさん出てきましたよ。

 

そしてシオマネキを狙ってイソシギも大忙しです。

シオマネキのオスはハサミが大きいです。

メスへの求愛のアピールのために、大きく目立つということが重要です。

でもそのことによって、鳥たちに食べられてしまうリスクも大きいのです。

食べられちゃうカニを調べると、オスのほうがメスよりもかなり多いらしいですよ。

自分たちの子孫を残すのも大変ですね。

目立たないと振り向いてもらえないし、目立ちすぎると食べられちゃうし。

オスのシオマネキはつらいですね。

ラッキー!

カワセミもいましたよ。

そしてマングローブの入り江でシレナシジミと記念撮影です。

この回は子供たちを中心に掲載していますよ。

                        

 

 

みんなかわいいですね。

        

ちゃんと大人のみなさんの写真も撮っていますよ。

安心してくださいね。

 

 

 

 

 

チームワークもばっちりです。

みんな、漕ぐの上手ですよ。

 

 

おつかれさまでした。

 

おつかれさまでした。

日はありがとうございました。

 

 

 

 

こちらは午後の湧き水散策2時間30分コースです。

潮位の関係で今日は12時開催となっています。

ご家族3名様の参加です。

お父さんは1人でも大丈夫ですね。

 

すいすいと進んでいきますね。

周りの自然を観察しながら、のんびりと遊びに行きます。

 

シオマネキも出ています。

 

船を降りて探検です。

さっそく、シレナシジミと記念撮影です。

湧き水のところで生き物観察です。

みんなとっても真剣です。

 

ミナミトビハゼは近くで見ると、目がとてもきれいですね。

神秘的な輝きです。

 

お父さんがミナミトビハゼを捕まえたんですよ。

すごいですね。

でもふさいでいる手をどかすと、ピョーンとジャンプして逃げちゃうんです。

オリンピックに出ることができるくらいのジャンプ力です。

 

みんなでダブルピースです。

 

 

また漕ぎ始めましたよ。

              

シオマネキがほんとうにたくさんいますね。

でもこの季節、あまり寒すぎるとシオマネキが出てこないこともあるんですよ。

 

 

レディースチームもかっこいいです。

お母さん、ものすごく上手です。

お父さんはひとりでもばっちりです。

上手ですね。

 

 

おつかれさまでした。

小さくてかわいいカニをつかまえましたよ。

 

コメツキガニです。

ものすごくたくさんいるんですよ。

でもみんなが近づいたら、いつのまにか隠れているんです。

 

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは15時30分の1時間30分コースです。

5名様のご家族です。

大人は写真NGなので、子供たちの写真と風景を掲載していますよ。

 

 

パドル練習もばっちりですね。

 

ちょっと雲が多くなってきましたね。

でも雲の切れ間からは青空も見えているんです。

 

 

岸辺には無数のつぶつぶがあります。

砂団子です。

 

画面中央です。

みなさん、わかりますか。

コメツキガニがご飯を食べているんですよ。

砂の表面に付着している養分をこしとって食べています。

そしていらない砂を捨てるときに小さいお団子みたいなのができるんです。

 

 

対岸に到着しました。

まだシオマネキがたくさん出ていますね。

一生懸命にご飯を食べている最中です。

 

 

 

 

 

満ち潮になり始めているところです。

よく見るとあぶくができ始めています。

こうして増えてきた水が地面に押し寄せながら、あぶくを立てるんです。

土の中の栄養分があぶくになって、とっても良い循環が生まれているんですよ。

命のスープといわれています。

 

ミナミトビハゼものんびりしています。

地面と同じ色ですよ。

 

ヤドカリが水中を移動していますね。

 

 

 

シレナシジミと記念撮影です。

全員で交代しながら、手に持って写真を撮りましたよ。

 

メヒルギがぽつんとはえていますね。

 

サギもお食事中ですね。

暗くなっても、ぎりぎりまで頑張ると思いますよ。

 

おつかれさまでした。

みなさん、今日はありがとうございました。

正月三が日、すべて晴天です! 2018年1月3日

今日もとても良い天気です。

お正月の三が日すべてが晴れるというのは意外に少ないんですよ。

何日か天気が悪い時が多いです。

今年は無事に3日間とも晴天です。

その代わりに、こういう時はそのあとが大荒れになることもあります。

1月3日は西部劇などの監督で有名なジョン・スタージェスの誕生日です。

西部劇の巨匠というとジョン・フォードが有名ですが、このジョン・スタージェスも名作を監督しています。

ワイアット・アープとドク・ホリデイで有名な「OK牧場の決闘」があります。

主題歌ではOK Corralとでてきました。

そして黒澤明監督の「七人の侍」が原作とされている「荒野の7人」です。

肝心の黒沢作品は子供のころに見たっきりなので、誰が誰の役に相当するのかは忘れています。

西部劇はユル・ブリンナーや、スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソンもかっこよかったです。

ジェームズ・コバーンやロバート・ボーンなど私が好きな名優たちがたくさん出演しています。

音楽もとても良かったです。

作曲家のエルマー・バーンスタインは他にも大脱走や大逆転、ゴーストバスターズ(主題歌ではありません)など、数多くの映画音楽に携わっています。

ジョン・スタージェスは大脱走(ご存知スティーブ・マックイーン)やマックQ(ジョン・ウェインの刑事もののアクション映画)など、西部劇以外のアクション作品の監督もしています。

子供のころから家では西部劇をよく見いていたので、とてもお世話になった監督さんだといえます。

他にもいくつもの作品を見たことはあるのですが、もう忘れてきています。

時代を超えてなお、名作と呼ばれるものがありますね。

古き良きアメリカというものを感じます。

 

それでは今日のカヤックツアーの紹介です。

 

     

午前の湧き水散策2時間30分コースです。

2名様のご参加です。

のんびりと遊びに行きましょうね。

コンディションも穏やかでいいですね。

この時間は少し前に満潮だったので、ものすごく潮位が高い状態です。

潮位が高すぎるので、いつもとコース取りが違うんですよ。

満潮の時ならではの探検です。

普段は通ることがない、琉球石灰岩の狭い隙間を探検ですよ。

深さ的には、ぎりぎり通ることができました。

潮がひき始めているので、もう少しで浅くなって通ることができなくなります。

今で、ぎりぎりです。

 

琉球石灰岩の岩場を通り抜けると一気に海の風景が広がってきます。

そのまま普通に海を眺めるよりも、狭いところを通り抜けてからの眺めのほうが、なんだか感動的ですね。

そしてブイのところでUターンです。

その前に海をバックに記念写真を撮りますよ。

こちらを向いてくださいね。

 

そして反転して、これからマングローブのエリアに向けて進んでいきますよ。

周囲は石灰岩の地形が続いていますね。

カワセミを発見しました。

画面中央ですけど、わかりますか。

きれいな青い背中側が見えないと、ちょっとわかりにくいんです。

体の前側は茶色くなっています。

木の枝にかわいくとまっていますね。

 

石灰岩の浸食地形「ノッチ」で記念撮影です。

フナムシがいることがあるので、そんな時は女性陣から悲鳴が上がります。

さすがに冬はちょっと少なめですね。

それでも岩に空いた穴のなかに、とても小さい貝が住んでいたり、低いところにはイワガキが付着していたりしますよ。

これらの生き物が岩をへこませる原因になっています。

波による浸食だけでなく、生物による浸食作用も大きいんですね。

生き物由来のものはバイオエロージョン(Bio Erosion)とも呼ばれています。

 

      

イソシギが餌を探している最中です。

ものすごく足早ですよ。

のんびりしているとエサになる小さなカニなどが隠れてしまいますから。

もし見つけたら、いっきに猛ダッシュですよ。

ときどきおしりをかわいく振りながらです。

そして湧き水エリアで生き物観察タイムです。

お水がとてもきれいですね。

なにか見つけることはできましたか。

もし見つけたら写真を撮りますから、教えてくださいね。

 

みんなが生き物探しに夢中になっている間に、すぐ近くにはミナミトビハゼがやってきましたよ。

正面から見ると、ちょっとブサイクな感じですね。

 

マングローブのところでは浅いところにシレナシジミがいましたよ。

ゃんと生きていますよ。

それではまたカヤックに乗って出発です。

岸に到着しましたね。

それにしても本当に良い天気です。

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

こちらは10時30分からの1時間30分コースです。

ご家族3名様の参加です。

お父さんが1人艇の担当です。

さっそく出発です。

あっという間にぐんぐんと進んでいきますね。

みんなとても上手に漕いでいますよ。

 

 自然観察を楽しみながらの散策です。

みんなで記念撮影です。  

 

マングローブエリアにやってきましたよ。

潮がひいてきたので、シオマネキが出てきてくれましたよ。

これも気温が高いおかげですね。

 

ミナミトビハゼも常連さんです。

 

そして超おなじみのシレナシジミと記念撮影です。

 

 

ここも見る見るうちに潮がひいていくんですよ。

 

また広いエリアへ戻っていきますよ。

みなさん、抜群のコントロールで船を進めていきます。

         

シオマネキもすごくたくさん出てきましたね。

ヒメシオマネキが中央にいますね。

後ろ向きだとわかりにくいのですが、ちゃんと正面を向いてくれているといいですね。

 

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 こちらは11時30分からの1時間30分コースです。

ご家族6名様の参加です。

 

 

 

 

 

 

全員で写真を撮りますよ。

こっちを向いてくださいね。

みんなポーズもばっちり!

そして写真もばっちりです。

 

  

オキナワハクセンシオマネキがたくさん出てきています。

 

 

流し目が決まっています。

杉良太郎もびっくりです(たとえが古くてすみません。ほかには橋幸夫しか思いつきませんでした)。

 

こちらもシレナシジミと記念撮影です。

 

ゆでて食べることができますよ。

でも今はもうほとんど食べることはなくなってきています。

ほかにもっとおいしいものがたくさんありますから。

 

ものすごくきれいな赤色ですね。

ベニシオマネキとはほんとうに良いネーミングです。

世の中にはボロボロだからボロカサゴとか、においがくさいからクサギとか、気の毒な名前も結構ありますから。

 

 

ミナミトビハゼはそのままの名前ですね。

南のほうにいる飛ぶハゼですから。

 

 

 

海を眺めることができるかな、もう少しだけ漕いで遊びましょうね。

 

 

岸に到着です。

 

家族みんなで記念写真です。

みんな、思い思いのポーズですね。

おつかれさまでした。

とても上手でした。

   

おつかれさまでした。

チームワークもばっちりでしたね。

みなさん、今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは午後の湧き水散策2時間30分コースです。

7名様グループのご参加です。

さあ、これから遊びに行きます。

風もなく、波もなく、ほんとうに穏やかでいいですね。

 

 

潮がひいて出てきた中洲には、サギがいます。

一生懸命に魚を狙って、首を伸ばしていますね。

あそこから一気に魚を取りますよ。

 

みんな一緒に記念撮影です。

ちょっと奥のほうまでは写らないので、前にいる人たちを中心に撮りますよ。

 

お待たせしました。

今度は後ろのほうの4名さんの出番です。

 

   

シオマネキもよく見ると大きさがバラバラですね。

真ん中にいるのは大きいのですが、その周りにいるものは、かなり小さいですね。

同じ種類のカニだとは思えないほどですね。

 

 

 

湧き水エリアではみんなで生き物観察です。

いかがですか。

何か見つかりましたか。

ちょっと我慢比べですよ。

じっとして待っていましょうね。

 

 

ミナミトビハゼはマイペースですね。

私たちを横目に、のんびりしていますよ。

 

全員で記念写真です。

 

 

さあ、狭いところを脱出して、海が見えるところに漕ぎだしていきますよ。

    

 

 

 

 

 

 

こちらには紅一点がいます。

女性の方がおひとりいらっしゃいます。

 

 

 

 

岸に戻ってきました。

    

 

おつかれさまでした。

にぎやかでとても楽しかったです。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

16時30分からの1時間30分コースです。

いつもより遅い時間の開催となります。

2組6名様のご参加です。

こちらは4名様のご家族です。

 

    

こちらは2名様です。

それでは遊びに行くことにしましょうね。

夕方になってきているので、空の色が不思議ですよね。

オレンジ色がかってきているんです。

きれいですね。

みなさん上手です。

スイスイと進みますよ。

こちらもみんなばっちりです。

じょうずですよ。

 

マングローブの入り江で記念撮影です。

みなさん、気が付きましたか。

後ろの山の斜面。

赤く染まっていますね。

夕日なんですよ。

今日のこのコースはいつもより1時間遅い設定なので、こんな素敵な太陽の光に変わってきているんですね。

     

シレナシジミと記念撮影です。

みんな、いろいろなポーズですよ。

はい、チーズ!

食べているみたいです。

 

うわー、おもしろすぎです。

私が笑っていいともの人と呼んでいるポーズですね。

 

こちらはかわいいポーズです。

 

手に持っているのは、落ちていたメヒルギの種ですよ。

まだ未成熟なので、根付くことはありません。

このあとお水に流しましたよ。

他の生き物の貴重な栄養に活用されていきます。

 

こちらも子供たちがもっているのは、落下してしまった種です。

「あばよ!」って言って、自然に帰してあげましたよ。

   

おつかれさまでした。

もうすっかり周囲は暗くなってきましたね。

おつかれさまでした。

空の色も幻想的です。

 

みなさん今日はありがとうございました。

 

すっかりトワイライトカヤックのときのような風景になりましたね。