沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

海辺の自然学校ブログ

マングローブカヤック2時間30分やモーニングカヤック、トワイライトカヤックは当日のお楽しみのために、湧き水での自然観察の様子はくわしくは掲載していません。

  • ミナミクロダイの子供 2017年12月7日ミナミクロダイの子供 2017年12月7日
    "今日はクリスマスツリーの日だそうです。 ネットのトップページの片隅にのっていましたよ。 あまり聞いた記憶がありません。 毎日、ほんとうにいろいろな記念日があります。   午前のカヤック1時間30分コースです。 […]"
  • 2017年11月25日2017年11月25日
    "                              &nbsp […]"
  • 2017年11月24日2017年11月24日
    "                              &nbsp […]"
  • ハクセンシオマネキの亜種 2017年11月21日ハクセンシオマネキの亜種 2017年11月21日
    "今日11月21日は、なんとインターネット記念日だそうです。 こんな日、初めて聞きました。 1969年にインターネットの原型ともいえるArpnet(アーパネット)の実験が始まったことに由来するそうです。 通信のネットワーク […]"
  • ハサミが折れたら困ります 2017年11月20日ハサミが折れたら困ります 2017年11月20日
    "今日、11月20日は世界こどもの日(Universal Children`s Day)だそうです。 国連総会で制定を勧告したそうです。 具体的な日にちは各国に任せられているとのことなので、日本ではみなさんご存知の5月5日 […]"

ブログ一覧

風力発電もたいへん 2017年10月20日

台風21号がやってきます。

海辺の自然学校も台風対策です。

カヤック乗り場から船をすべて回収です。

そしてロープでつなぎます。

風で飛んではいけないようなものをしまいます。

今回の台風に関しては暴風域には入らない可能性が高いです。

 

台風が来る前の夕焼け、朝焼けは特別に美しいことがあります。

今日もだんだんと不思議な空色に代わっていきます。

 

本当にきれいな色ですね。

風がとても強いので、ものすごい速さで雲が移動していきます。

すこし方向を変えるとこんな感じです。

不気味な空色ですね。

 

風力発電の風車はがんがん回っています。

かなり風が強くなってきました。

風が強いときには、羽の角度を変えて、なるべく風の抵抗を減らすようにしています。

近年では、羽がない風力発電として、マグナス効果というものを活用した装置が研究実験されているようです。

沖縄の南城市に試験装置が設置されているそうです。

こういうものは別名で台風発電と呼ばれているものあるそうです。

あまりにも強い風が吹くと通常の羽が付いている風力発電はダメージを予防するために発電を停止します。

ネットで見つけた風力発電会社のサイトでは台風などの暴風時には停止(カットアウト)して、羽が風を受けにくい角度(フェザリング位置)にしているそうです。

まったく回らないというわけではありませんが、極力、装置への負担を軽減しているのですね。

2003年9月に宮古島を直撃した台風では、風力発電設備が倒壊や羽の破損などの大きな被害を受けて、ニュースでも大きく取り上げられました。

この台風14号(912hPa)はまさに最大級の強さで、最大風速60m/s、瞬間最大風速で90m/sにも達したといわれているそうです。

与那国島でも2015年9月の台風21号で羽が折れるなどの大きな被害が出ました。

最大瞬間風速が80m/sを超えていたそうです。

どちらもメーカーの想定をはるかに超える暴風によるものでした。

自然の力は本当にすさまじいですね。

現在は、台風による被害を避けるために可倒式と呼ばれている風力発電もあります。

台風の際や、修理、メンテナンス時に90度近く倒すことができるものです。

人間の知恵や工夫も自然災害に追いつけ、追い越せなのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けが反射して、川面もきれいなオレンジ色に染まってきました。

 

 

 

 

 

雲が赤く染まっています。

 

 

 

 

 

風もだんだんと強まり、川のなかに強く吹き込むようになってきました。

 

 

 

 

 

だんだんと怪しい雲が押し寄せてきました。

あたりもあっという間に暗くなってきました。

 

画像処理して生き物チェック 2017年10月19日

今日はマングローブエリアにカヤックで漕ぎ出して、写真を撮りました。

いつもはツアーの最中に撮影しているのですが、時々はこうして写真を撮りながら、生き物観察をするときがあります。              

 

カワセミはよく見ることができます。

あっという間に飛び去っていくこともあります。

意外と長い距離を飛んでいくこともあります。

川沿いに巣を作っているので、頻繁にえさを取るためのポイントと巣を行き来しています。

自然学校のすぐ近くに巣を作っています。

えさを取るためのポイントを移動するときは比較的、短い距離を飛んでいきます。

巣とえさ場を行き来するときは川をよこぎって、やや長い距離を飛んでいきます。

木にとまってえさを狙っているときは、長く観察できることも。

とても素敵な被写体ですが、なかなか近くで撮影することができません。

また時間を作ってチャレンジしてみたいと思います。

 

普通のコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)を使用しています。

防水タイプにするとどうしてもあまりズームが効かないので、陸上用のコンデジを使っています。

ものすごいズームを備えたカメラも出ていますが、使ってみて気が付きました。

撮りたい被写体がとても小さいので、あまり高倍率すぎるズームだと手ぶれがひどくなったりしました。

思うような写真を撮ることがむつかしかったので、使いこなすのがこれからの課題です。

ツアー中はすぐに取り出して、すぐに撮影することでお客さんにたくさんいろいろな写真をプレゼントできます。

高倍率のデジカメも持っているのですが、ストロボが収納式になっているために、ちょっと不便です。

けっこうチャージする時間が長いと感じます。

そのためにチャージ完了するまではシャッターが切れないので、ぱっと取り出して、すぐパシャリとはいかないようです。

フラッシュが収納式ではない新しいタイプのものも使いましたが、ズームをかけての小さい被写体の撮影がむつかしかったことがあります。

 

 

マングローブの水辺には魚がたくさん暮らしています。

マングローブの木々の間や近いところ、ほんとうに浅いところで魚がのんびりしていることがあります。

 

どうしても水面の光の反射が出やすいために思っているような写真が撮れないです。

今日の写真は画像処理のソフトを使用して、こてこてに加工してみました。

写真としてはかなり違和感がありますが、生き物の姿、形などの特徴を浮かび上がらせて確認したり、勉強するのにはとても便利です。

無料のフリーソフトでほんとうにいろいろなことができるんですね。

 

 

こちらに気が付くと、すばやく逃げていきます。

まさに土煙をあげて、泳いでいきます。

 

違うところでも、魚が泳いでいました。

ぱっと見たときにミナミクロダイかなと思ったのですが、じっくり観察してみるとボラでした。

クロダイと比べると体高も全然違います。

そして顔というか鼻先も丸みを帯びています。

実際にその場で見ているときも、体の模様が気になっていました。

こうして画像処理した後で、改めて見てみると、かなりけがをしているようです。そのために弱っていて、動きも鈍かったのかなと思いました。

いつも、たくさん写真を撮るのですが、なかなかじっくりと見返すということが少ないので、ちょっと反省しています。

せっかく一生懸命に撮影したのですから、1枚1枚をもっと大切にしないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドロクイがいたるところで 2017年10月18日

ここ数日は台風の足音が聞こえてくるようです。

毎日、天気予報をチェックしながら頭を抱えています。

でもでも、まだまだ大丈夫!

今日も良いコンディションです。

まさにカヤック日和です。   

 

1時間30分コースが午前中に入っています。

今日は2組7名様のご参加です。

こちらのチームは会社の旅行なのでしょうか。

ご夫婦と男性お二人です。

皆さん、和気あいあいです。

 

こちらはご家族です。

おにいちゃんには真ん中のシートに乗ってもらいました。

ピースサイン、とってもかわいいです。

 

カヤック乗り場に行くときにドラゴンフルーツの紹介もしています。

この赤くてきれいな実は、じつはちょっと小さいのです。

出荷できる大きさではないので、鳥やいろいろな生き物たちのために、わざと残しているそうです。

畑の方、やさしいですね。

鳥たちもドラゴンフルーツ大好きです。

右側にはつぼみがあるのに気が付きましたか。細長いやつです。

これがもっとおおきくなって花が咲きます。

おそらく今年最後のつぼみで、今年最後の実をつけるのだと思います。

暖かい季節の果物なので、そろそろ終わりなんです。

ここのドラゴンフルーツはゴールデンウィーク前後につぼみが付き始めます。

そして10月の終わりくらいにシーズンを終えます。

川面が穏やかですね。

ほんとうによいコンディションです。

みんなでパドル練習です。

ほら、青空が広がっていますね。

さあ、出発前の恒例「使用前の写真」です。

こちらも、はい、チーズです!

向こう岸へ漕ぎだします。

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

少し離れたところにアオサギがいました。

お魚を物色中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

あまり写りはよくありませんが、ミサゴが飛んでいる姿です。

猛禽類でワシやタカの仲間です。

英名は皆さんも聞いたことがあると思います。

オスプレイです。

沖縄ではとくに有名な名前ですね。

 

 

 

 

魚がたくさんジャンプし始めました。

今日はものすごかったです。

あたり一面、お魚が飛び跳ねました。

リュウキュウドロクという魚です。

よく群れで活動しています。

驚いたりすると、ものすごい勢いで、一斉に飛び跳ねます。

カヤックにもよく入ってきます。

船にがんっと当たってくることもありますよ。

今日は本当に大ジャンプ大会でしたよ。

この写真の右のほうにも、魚が飛び跳ねている様子が写っています。

でも残念ながら、あまり写りが良くないので、わかりにくいと思います。

次回は頑張って撮影できたらと思います。

でも魚がジャンプする瞬間とか、鳥が飛んでいるときって、写真撮るの超むつかしいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、お疲れさまでした。

今日はありがとうございました。

 

雨雲を吹き飛ばせ!奇跡おきた 2017年10月17日

びっくりするほどの気まぐれお天気です。

予報はよかったはずなんですが、沖縄周辺ではびっくりするくらいに雨雲が急激に発生・発達しています。

午前のツアーは本当に良い天気ですよ。

奇跡が起きた午後は後半で。

干潮の時間とも重なり、天気も良く、気温も高いので干潟はカニ・カニ・カニ!です。

今日はどの回も1組2名様での開催でした。

のんびりと遊ぶことができました。

 

午前の2時間30分コースです。

チームワーク抜群でカヤックを漕いでいました。

旦那さん、とくに上手でした。

こんなに穏やかです。

べたなぎという状態です。

釣りやダイビング、マリンスポーツなどでよく使う言葉です。

風もなく海面が波もたたずに穏やかな状態のことをべたなぎ(べた凪)といいます。

「べた」は一面に隙間なくとか、すっかり、すべて、ありきたりとかいう意味があります。

陸上の風景や、空も水面に映りこんでいるくらいに穏やかですね。

 

それでは出発です。

まずは対岸の琉球石灰岩を目指して進んでいきます。

本当に穏やかですね。

とっても気持ちがいいです。

 

崖にある鍾乳石もすごいですね。

いかにも伸びていますという感じです。

石灰質が再結晶化しています。

マングローブの入り江に来ましたよ。

記念撮影です。

見上げるとめっちゃ晴れていますね。

 

緑の果実は青空に映えますね。

シレナシジミと私たちというテーマです。

温泉にでもつかっているみたいな姿ですね。

頭に手ぬぐいが似合いそうです。

 

 

フタバカクガニもお食事中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのこ岩の向こう側にはタグボートが見えました。

「海は波が高いので、リーフ沿いは白波が立っています。

船も揺れているようでしたよ。

しばらくすると台船(作業船)が来ました。

先ほどのタグボートが曳航していたんですね。

かなり長く曳き綱(ワイヤー)を伸ばしていました。

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

午後の1時間30分コースです。

当日にご予約いただいたのですが、電話で予約のやり取りをしている最中に大雨が降ってきました。

お客さんは水族館近くにいらしたのですが、そのころ本部はまだ雨が降っていません。

雨雲レーダーを確認すると信じられないような状況に。

とんでもない雨雲が沖縄周辺に急に発生して、発達しています。

更新するごとにどんどん状況が変わってきますので、もしだめなら開催中でも切り上げて中止ということにしました。

レインコートも着て、重装備で遊びに行きます。

「こんな状況ですが、どうしますか。どれくらいまでやりますか。大雨になったらやめますか?」と確認したところ、「水着も着て、ばっちりなので、とことんやっても大丈夫!」とのことなので、全力で遊びに行くことにしました(ただし雷や強風の時は中止です)。

いざ出陣!

わー、すごいお空ですね。

午前中とは打って変わって、不気味な景色です。

              

それでも負けずの遊びに行きます。

2人ともとても上手です。

干潟で生き物観察です。

直前に雨が降ってきたので、カニたちはお家に避難中のものもいます。

でもミナミトビハゼは元気です。

雨なんてものともしませんね。

魚だし。

ベニシオマネキも元気です。

ハクセンシオマネキのこどもにがんを飛ばしているかのようです。

だんだんとカニたちも出てきましたよ。

あまり強く雨んが降るとみんな引っ込んでしまいますから。

レインコートのフードもかぶって、その上から探検隊帽子です。

ばっちりですね。

 

 

 

 

 

 

おおー!

雲の切れ間から青空が!

奇跡が起きましたね。

さあ、フードも外して出発です。

満ち潮で命のスープと呼ばれているあぶくが立ち始めています。

アオサギが飛行中です。

かっこいいですね。

でも飛んでいるところを写真に撮るのはむつかしいです。

アオアシシギが足早に歩いていきます。

足長いですね。

天気も回復してきたので、カニだらけになりました。

 

 

 

怪しい雨雲が通り過ぎていきます。

晴れ間がすこしずつ見えるようになってきました。

はじめのころにちょっとだけ降った程度ですみました。

2人のパワーすごいですね。

 

2人のパワーで見事に雨雲を吹き飛ばしてくれました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

15時30分からのコースです。

雨雲が移動して、天候が急速に回復してきました。

すごいですね。

こんなことがあるので、ツアーの開催の可否を決定するのって、超むつかしいのです。

ほんとうに頭の上の雲次第です。

そしてふたを開けてみないことにはわからないことがあります。

参加者に幼児がいる場合や団体旅行、社員旅行などで急に中止となってしまった場合にご迷惑をかけてしまう可能性があるときは、早めに中止を決めさせていただくこともあります。

ぎりぎりまでお待ちいただけたり、現地にとりあえず来ていただいてでもよいケースでは、可否の決定を引っ張ることもあります。

このお二人は大丈夫とのことでしたので、とにかく来ていただきました。

          

そうしたら、こんな青空に巡り合うことができましたよ。

パドル練習です。

晴れてきたので私もうれしいです。

出発です。

雨雲が通り過ぎて、またおだやかな水面が穏やかになりましたね。

アオアシシギがエサを探しています。

マングローブの入り江に入っていきます。

 

 

 

 

 

とてもきれいな目の色ですね。

 

 

こちらの入り江では、今度はシレナシジミをもって記念撮影です。

 

 

こちらはキアシシギでしょうか。かわいいですね。

 

 

 

 

今日はありがとうございました。

帰ったら、沖縄との温度差はものすごいと思いますが、風邪をひかないでくださいね。

 

干潟の忍者トントンミー 2017年10月16日

のんびりと2組3名様のご参加です。

忍者の話は後半に。

午前中にマングローブカヤックの2時間30分コースを開催しました。

とても良い天気で、遊ぶのにはもってこいのコンディションです。

前日よりも風が弱くなりました。

もうお一人の方は写真NGですので、こちらのお二人の写真をアップさせていただきます。

 

手続きや着替えの後で、パドル練習です。

ダブルブレードパドルの基本的な使い方を学びます。

この時にパドルの種類やカヤックとカヌーの違いなどを簡単に紹介しています。

ガイドがみなさんに気づかれないように写真を撮っています。

そして撮った写真はCDに記録してプレゼントしています。

ですからカメラ目線でも構わないので、練習してみてくださいね。

この後で、乗り降りの仕方を教えてから出発です。

 

お日様も元気いっぱいです。

さあ、では探検に出発です。

 

対岸にやってきました。

干潮で潮がひいています。

みなさん、みえますか。

細かいつぶつぶ。

カニがご飯を食べた後です。

砂団子といいますよ。

地面がビロード上になっています。

カニたちがせっせと耕したみたいですね。

 

 

 

マングローブの入り江にやってきました。

 

かわいいベニシオマネキの雄です。

大きなはさみが立派ですね。

 

今年の3月に植樹していただいたメヒルギたちも頑張っています。

これでも、すこしずつ減り始めています。

やはり折れてしまうことがあります。

 

果実もこんな感じでだんだんとサイズが大きくなってきています。

もうすこしすると先端から緑色の種子が伸び始めてきます。

 

恒例の「シレナシジミとわたし」という記念写真です。

ほんとうに食べちゃいそうです。

 

トントンミーこと、ミナミトビハゼものんびりと遊んでいます。

湧き水のエリアでもかなり近くで観察することができますよ。

アップで見ると目の色がとてもきれいです。

ミナミトビハゼはまさに干潟の忍者です。

地面と同じような色でなかなか見つけられないかもです。

動きもものすごく速いです。

そしてジャンプ力もすごいですよ。

水面も飛び跳ねながら渡っていっちゃいます。

水遁(すいとん)の術です。

泥干潟には上手にお家を作って、巣穴から顔を出しているのも、かわいいです。

土遁の術です。

胸鰭で上手に歩くのですが、その近くに見えている腹びれが特に優れモノなんです。

この腹びれとお腹で、ぴったりといろいろなところに吸着することができるんです。

垂直なところもへっちゃらです。

ぴったりと張り付くことができますよ。

まさにお城に忍び込んだ忍者のように。

 

はい、記念撮影です。

いろいろな生き物を楽しく観察することができましたね。

 

湧き水エリアをでて見上げると、琉球石灰岩の岩山がそびえたっています。

そして岩のくぼみには鍾乳石も。

ツアーでは遠くを見上げているのですが、こうしてズームアップしてみると、周りの岩と鍾乳石の質感の違いが分かりやすいですね。

 

こちらの入り江にも入っていきます。

ここは日陰になっていて、涼しくて気持ちがいいですね。

ノッチでーす!

水面近くの岩が波や生物による浸食でえぐられている地形のことをノッチといいます。

今日はかなり潮が満ちてきたので、こんなところも探検してみましたよ。

海が開けていて、気持ちがよい景色ですね。

探検も終わって岸に戻ってきました。

 

今日はありがとうございました。

午前は真栄田で体験ダイビング。

残念ながら、コンディションの関係で青の洞窟には入れなかったそうですが、次回はぜひチャレンジしてくださいね。

そして午後はマングローブカヤック!

とってもアクティブなお二人ですね。