沖縄マングローブカヤック/なきじん海辺の自然学校

沖縄美ら海水族館にいちばん近いシーカヤックマングローブツアー

TEL.0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

2時間30分

大ヒット曲も一発ギャグも心にずっと残ります 2018年9月24日

9月24日といえば、シンガーソングライターのKANさんのお誕生日だそうです。

「愛は勝つ」が大ヒットしましたね。

老いも若きも1度は歌ったことがあるのではないでしょうか。

本当に名曲ですね。

結婚式でも引っ張りだこの曲です。

ちょっと前に終了したディーンフジオカさん主演のドラマ、モンテクリスト伯の中でも仲間たちに祝福されながら、この曲を歌っている姿がとても印象的でした。

復讐の鬼、モンテクリスト真海になる前の幸せの絶頂のシーンにふさわしい曲でしたよ。

ふだん、あまりドラマを見ることはないと自分では思っているのですが、何気なく見たときのことを覚えていることがあります。

はじめは見ないのに最終回の前と最終回だけ見ることもよくあります。

ドラマファンの方には叱られそうです。

歌手は1曲でもヒット曲があれば、人々の心に残りますね。

お笑いタレントさんも一つでも面白いギャグがあると素晴らしいですね。

何事でも一度でも大きなことを成し遂げた人はすごいですね。

あ、それから今日は、世界初の原子力空母エンタープライズが進水した日だそうです。

その昔から何代もこのエンタープライズという名前が受け継がれてきましたが、スペースシャトルからSF作品のスタートレックまで、親しまれている艦名です。

2次世界大戦を戦ってきたのは、この先代の船になります。

私たちの世代にも一番なじみがあるのが、この原子力空母です。

子供のころから何回もプラモデルを買っては作ったものです。

ものすごく小さい艦載機がたくさんついていたような気がします。

本当に好きな方はプラカラーでしっかりと着色して、きれいに仕上げています。

しかし私はとてもずぼらな性格なのか、この塗るという作業がとても苦手です。

図工の授業でも物を作る工作はよいのですが、絵画になるとダメです。

下書きはよいのですが、色を塗る作業に関してはどうにもうまくいきませんでした。

プラモデルも色を塗ると台無しになってしまいます。

自然学校の看板も私が書いたものではありません。

前にいたスタッフさんがとても上手に書いてくれたものを大切に使っています。

とても好きな看板です。

しかし機動戦士ガンダムのプラモデル、ガンプラはすごいですね。

部品がカラーなので、色を塗る必要がありません。

組み立てれば即、完成品となります。

これがガンプラが大ヒットするきっかけにもなりました。

女の子でも手軽に完成させることができるんです。

最近では接着剤さえいらないそうです。

私もガンプラを持っていましたが、箱を開けてもいなかったので知る由もありません。

話がかなりそれましたが、久しぶりに「愛は勝つ」を聞きながらKANさんの誕生日をお祝いしたいと思います。

 

それでは今日のカヤックツアーの紹介です。

 

       

午前の湧き水散策2時間30分コースです。2名様のご参加です。

のんびりと遊びに行くことにしましょう。

とても穏やかですね。

琉球石灰岩の地形で記念撮影です。

マングローブの入り江にもやってきました。ちょっと怪しい感じのところですね。

 

 

 

 

上空を観察中かな。

シレナシジミです。

ミナミトビハゼのおうちです。よく見るとほら、右の穴から、、、

こんな感じで顔を出していますよ。

 

 

 

 

湧き水のところでは生き物を探している最中です。

 

びっくり、カニが口から泡を吹いていましたよ。人間でも口から泡を吹くなんて言うときは、びっくりしたときの表現ですよね。体が見えなくなるくらい泡だらけですね。

 

これはなんでしょうか。

カタツムリの殻に入っているヤドカリです。恥ずかしがり屋なので、かなり奥に隠れていますね。

 

きれいな色ですね。

 

 

 

 

オス同士の戦いです。背びれを立てて威嚇しあっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

       

こちらは1時間30分コースです。

8名様グループのご参加です。

社員旅行だそうですよ。

やっぱり沖縄は楽しいのでおすすめですね。

 

これから出発です。

 

 

レディスチーム、カラフルな感じですね。

決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、チームワークもばっちりですね。

 

 

 

 

 

マングローブの入り江に集合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ちょっと目をつむちゃったかも。

ごめんなさーい。

さあ、みなさん、帰りますよ。

 

 

エイエイオー!の掛け声で記念写真です。

みんないろいろなポーズですね。

かまえてバッティングみたいな人もいれば、応援団の団旗を持っている感じの人もいますね。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

秋分の日もカヤックでエンジョイ! 2018年9月23日

9月23日は秋分の日です。

子供のころは春分の日と秋分の日の区別がむつかしかったです。

初めはシンブンノヒ(新聞の日)だと思っていました。

今は亡きレイ・チャールズの誕生日でもあります。

ピアノを弾いていたサングラスの黒人のおじいさんといえば、ピンとくるかもしれません。

音楽というよりは、映画の「ブルースブラザース」で知ることになりました。

私の中では巨匠のジョン・ランディス監督作品です。

「大逆転」や「星の王子ニューヨークへ行く」などの名作があります。

「ブルースブラザース」はジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが名コンビでした。

この映画はジェームス・ブラウン(ゲロッパの人)も出ています。

音楽性がとても豊かな映画でした。

劇中で一番好きな曲といわれると、ローハイドです(これが抜群に良いです)。

レイ・チャールズはとてもいい味を出していました。

ちなみに「スターウォーズ」のレイア姫、キャリー・フィッシャーも変な女の役で出演しています。

その後、「ブルースブラザース2000」も見ましたが、すでにジョン・ベルーシが亡くなっていたので、あまり印象に残っていないです。

マイケル・ジャクソンでも有名なウィーアーザ・ワールドも素晴らしかったですね。

カヤックを始める前の時代によく聞いていました。

豪華スター勢揃いでした。

しゃがれた独特の声が耳に残っていますね。

私が持っているビリー・ジョエルのブリッジというアルバムにはレイ・チャールズと共演しているベイビーグランドという曲があります。

とても良い曲です。

ミュージックビデオは最高に良いです。

YouTubeにアップされていますから、ぜひともご覧になってくださいね。

ビリー・ジョエルのファンにも、レイ・チャールズのファンにもおすすめです。

そういえばサザンオールスターズのいとしのエリーもカバーしたことで話題になりましたね。

日本の音楽番組でも見ることができました。

伝記映画の「レイ」も作られましたが、残念ながらまだ見たことがありません。

伝記ものは意外と手を付けていないジャンルの映画になります。

それでは今日のカヤックツアーの紹介です。

 

午前のマングローブカヤック1時間30分コースです。

3名様のご家族の参加です。

砂浜で何か見つけましたよ。

さあ、いったい何でしょうか。

 

かわいい小さなオカヤドカリです。

とても素敵な貝殻に入っていますね。

女の子なのに、怖がらないでヤドカリを持つことができました。

えらいですね。

 

すごく穏やかですね。

 

3名で一緒に乗りこみましたよ。

お姉ちゃん、漕ぐのはまだ早いんだぞ。

 

みんなチームワークもよいですね。

 

とってもかわいいおもちゃのカメラですよ。

 

 

ちょっと宇宙人みたいな感じですね。

 

ヒメヤマトオサガニもいます。

求愛の際に両方のハサミを同時に大きく振り上げます。

バンザイをしているみたいです。

そのために学名にbanzaiと入っていますよ。

シオマネキとは形もハサミの感じも違っていますね。

よく泥のなかから、かわいいお目目を潜望鏡のように出していますよ。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

ピースサインもばっちり決まっていますね。

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

午後のマングローブカヤック湧き水散策コースです。

2組6名様のご参加です。

こちらは4名様チームです。

 

こちらは2名様のご参加です。

ちょっと空模様はあやしくなってきましたね。でも負けないで出発です。

 

 

 

 

4名様は今日、飛行機でお帰りということで心配しましたが、レンタカーの返却時間が遅かったので安心しました。

連休中の夕方からは道路がかなり渋滞する可能性がありますので。

 

 

こちらのチームも記念撮影ですよ。

 

       

湧き水エリアでのお楽しみの時間です。

何が起こるのかは秘密なんです。

ごめんなさい。

  

おしりはかなり冷たいです。

でもすぐに慣れてきますよ。

秋からは防水ウェーダーで遊びに行きますから、寒い季節でも大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

今日はみなさん、ありがとうございました。

怪しい雨雲が押し寄せてきましたね。

 

 

 

 

 

 

こちらは13時30分の1時間30分コースです。2名様のご参加です。はじめに陸上での練習ですね。

 

足元には無数の砂の粒粒が!

カニがご飯を食べた後なんですよ。

もこもこしています。

 

   

それで遊びに行くことにしましょうね。

出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マングローブの根っこって、おもしろい形をしていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤドカリと記念撮影です。

水の中が好きなヤドカリはちょっと気持ち悪いけど、大丈夫ですか。

 

 

 

 

 

青空も見えていますね。

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

ドラゴンフルーツと記念撮影です。

ものすごくきれいな色ですね。

ここの畑のものは抜群に甘いんですよ。

今日はありがとうございました。

 

 

       

15時30分からの1時間30分コースです。

2組7名様のご参加です。

こちらは5名様のご家族です。

 

こちらは3名様のご参加です。

実は危険な雨雲が急激に発達して、こちらに向かってきたために、しばらく待機していただいたんです。

雨もやんで、大きな雨雲も通過、縮小したので開催することができました。

みなさん、この後は特に予定が入っていないということだったので、お待ちいただいて実施することができました。

本当に良かったです。

雨でオキナワキョウチクトウの実も流れてきたようです。

漢字にすると沖縄夾竹桃っていう感じです。

キョウチクトウには毒があるので、触ってはいけません。

緑色の実が熟して、こんなにきれいな赤色になります。

しばらくすると黒くなって、周りの皮がはがれて、繊維質の部分が出てきます。

道路沿いや公園、森や林、そして海辺や川にもたくさん転がっていますから、みなさん、触ってはいけませんよ。

さわった手で目をこすると危険です。

木の樹液が目に入ると失明の危険性があるともいわれているんですよ。

沖縄にはミフクラギという自生しているキョウチクトウがあります。

「ミ(目)がふくれる(はれる)」というのが名前の由来です。

名前が危険性を伝えているんですね。

間違っても口に入れたりしないでくださいね。

マンゴーではありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おとうさん、かなり頑張りました。上手です。

お母さんチームも上手でした。

こちらの3名様もばっちりです。

 

青空がきれいです。

 

太陽が出てきたので、水面がキラキラと輝いていますね。

 

 

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

 

みなさん、今日はありがとうございました。

お天気が回復して本当に良かったです。

みなさんが待機していただいたので、無事に開催することができました。

 

 

 

 

午後からのんびりカヤックツアー 2018年9月21日

9月21日は俳優で声優の石田太郎さんの命日です。

突然のことだったので驚きました。

石田太郎さんといえば、アニメが好きな方にとっては忘れられない声優さんです。

「ルパン三世 カリオストロの城」のカリオストロ伯爵の吹き替えで超有名です。

「クラリス」というセリフが今も耳に残っています。

外国映画の日本語吹き替えでも活躍されました。

刑事コロンボでは小池朝雄さんが亡くなった後にピーター・フォーク演じるコロンボの声を担当しています。

熱狂的なファンが多いドラマだったので、どうしても違和感を感じた人も多かったようです。

でもかなりうまく引き継されていると思います。

羊たちの沈黙のハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)の吹き替えも行っています。

第1作、第2作に登場する主人公の名前は「クラリス」です。

どうしてもカリオストロの城を思い出してしまいますよね。

でもアニメのようないやらしく、イヤミな感じの呼び方はしていません。

レクター博士はあくまでも紳士的です。

そのほかにもジーン・ハックマンやジャック・ニコルソンの吹き替えもしています。

どちらも有名俳優で名作がたくさんあるので、テレビ放送などで声を聴いたことがあるかもしれません。

外国映画を見るときはどうしても音声は英語、字幕は日本語で見ることが多いです。

でも昔はテレビの放送で映画を見ることが多かったので、日本語の吹き替えの役者さん次第で面白くもつまらなくもというように、作品に対する満足度も大きく変わりました。

石田太郎さんはとても好きな声優さんでした。

余談ですが(そもそもこの紹介自体がツアーブログとしては思いっきり余談です)、「シャイニング」では主人公のトランスが斧をドアを切り裂く、その間から顔を出すシーンがとても有名です。

字幕で「おこんばんは!」となっていたのがものすごく印象的でしたが、でもテレビ放映時に日本語で何と言っていたのかは覚えていません。

英語ではもともと全然違うセリフです。

今の日本語字幕だと「お客様だよ!」になっています。

今年大ヒットしたスティーブン・スピルバーグ監督の「レディプレイヤーワン」はシャイニングのファンの方には一押しの映画です。

ぜひご覧になってくださいね。わくわくします。

 

それでは今日のカヤックツアーの紹介です。

 

 

 

午後のマングローブカヤック2時間30分コースです。

2組7名様のご参加です。

こちらは5名様のご家族です。

1艇は3名で乗ってもらいました。

こちらは2名様です。

では出発です。

向こう岸の大きな岩に進んでいきましょう!

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

湧き水での観察、楽しかったですね。

 

大人も楽しい生き物観察ですね。

 

上から撮影したら、ちょっと不気味になってしまいました。

 

 

 

 

 

      

入り江を探検です。

 

 

 

 

 

岸に到着です。

 

おつかれさまでした。

 

    

おつかれさまでした。

 

今日はみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

午後の1時間30分コースです。

2組8名様のご参加です。

こちらは6名様で3世代のチームです。

 

こちらは2名様のご参加です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

マングローブの入り江です。

 

家族みんなで記念撮影です。

 

ミナミトビハゼも岩登り中。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

お二人は特にパワフルでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

こちらもチームワークばっちりです。

 

 

 

おかえりなさーい!

 

全員で記念撮影です。

にぎやかで楽しかったですよ。

 

      

おつかれさまでした。

 

おつかれさまでした。

 

みなさん、今日はありがとうございました。

 

 

スペースシャトル エンタープライズ号 2018年9月17日

9月17日はアメリカのスペースシャトルであるエンタープライズ号が公開された日だそうです。

この機がスペースシャトルの第1号機となります。

しかし宇宙へ飛び立つことはありませんでした。

上空からの滑空の試験用の機体だったのです。

世界的にファンがいる「スタートレック」の宇宙船の名前が付けられることになりました。

トレッキーと呼ばれているファンが今も世界中にたくさんいます。

日本にもかなりの数のトレッキーがいます。

昔懐かしいアメリカ横断ウルトラクイズのオープニングやエンディングでスタートレックのテーマがかかるとワクワクと興奮したものです。

このスペースシャトルの滑空機は、本来、違う名前がつく予定でした。

アメリカの憲法発布200年を記念して、コンスティテューションという名前です。

意味は憲法です。

アメリカ海軍の帆船にも、この名前の船があります。

スタートレックファンの熱い要望に応えて、第1号機にエンタープライズという名前が付けられました。

熱狂的なファンの力ってすごいですね。

ただし残念ながら宇宙へ行くということはありませんでした。

実際に宇宙へ旅立ったのは2号機のコロンビア号です。

昔はエンタープライズ号が滑空実験機のままであることがとても残念に思われましたが、その後にチャレンジャー号やコロンビア号の大事故があったために、とても複雑な思いになりました。

好きな名前が付いた機体が傷つくのは悲しいことです。

ましてや人命が失われることも。

国立航空宇宙博物館を経て、現在はニューヨークのイントレピッド海上航空宇宙博物館の艦上のスペースシャトルパビリオンに展示されていると思います。

空母イントレピッドが退役して、空母がまるごと博物館となっています。

すごいですよね。

スタートレックオリジナルシリーズ(宇宙大作戦)の1701や1701-Aは作品の上で、コンスティテューション級という宇宙船の設定です。

スペースシャトルの名前をエンタープライズに変えてもらったことから、コンスティテューションというクラス名にしたそうです(このことは忘れていました)。

 

 

それでは、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

       

モーニングカヤック2時間コースです。

2名様のご参加です。

 

穏やかなので、水面がとてもきれいです。

鏡のように周りの景色を反射していますね。

 

 

 

ヤエヤマシオマネキです。

かっこいいですね。

 

朝早い時間なので、太陽はまだ、東の空のこれくらいの高さにありますね。

ベニシオマネキもとてもきれいです。

マングローブの入り江にやってきました。

 

ミナミトビハゼがお家から出てきています。

ひょっこりはんっていう感じです。

湧き水のところでは生き物を探していますよ。

 

朝の陽ざしがとてもきれいですね。

 

 

 

大きさがだいぶ違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

本当に穏やかなコンディションです。朝凪(あさなぎ)です。

 

 

岸に到着しました。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは午前のマングローブカヤック2時間30分コースです。

2組4名様のご参加です。

 

さあ、これから遊びに出かけますよ。

 

対岸の干潟はとにかくシオマネキだらけですね。

 

 

 

       

 

 

 

 

琉球石灰岩がそびえたっていますね。

 

 

 

 

 

 

これはヤエヤマシオマネキのメスなんです。

ハサミが両方とも小さいですよね。

足のあたりがうっすらと青く見えています。

 

なんと!

お客さんがオキナワアナジャコの子供を見つけてくれましたよ。

普段は絶対に出てこないのですが、今日はびっくり。

本当にザリガニみたいな感じですね。

よく泥のお家を作りますよ。

マングローブ域によくいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからすこし自由時間です。

 

 

 

 

 

岸に到着しました。おつかれさまでした。

 

 

おつかれさまでした。

みなさん、今日は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

       

こちらは午後の2時間30分コースです。

2名様のご参加です。

パドル練習も終わったところで、カヤックに乗りこみますよ。

 

いざ、出発です。

 

 

なんと、水中に何かいるんです。

実は体長25㎝くらいのクルマエビガいたんですよ。

びっくりです。

普段は見ることがありません。

ほんとうにラッキーでした。で

も午前はオキナワアナジャコが出てきたり、午後はクルマエビが出てきたりと、ラッキーでうれしい半面、ちょっと心配です。

地震とかがあったらたいへんですから。

ここ最近のことを考えると、本当に余計な心配をしてしまいます。

湧き水エリアではカヤックを降りて散策です。

またまたミナミトビハゼがひょっこりはんです。

お目目がきれいですね。       

 

さあ、何か見つけることができましたか。

 

 

 

 

ここで自由時間ですよ。

お二人ともとても上手ですね。

 

 

 

 

岸に到着しました。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

こちらは15時30分開始の1時間30分コースです。

2名様のご参加です。    

 

ちょっとだいぶ曇り空になってきましたが、みなさんのパワーで雲を吹き飛ばしてくださいね。

お二人とも上手ですよ。

 

 

 

琉球石灰岩を観察中です。

雨で溶けていますね。浸食されています。

 

マングローブの入り江ではヒルギハシリイワガニも見つけることができました。

 

 

シレナシジミと記念撮影です。

ベニシオマネキも元気ですね。

 

 

 

サギが水面近くを飛んでいきましたよ。

 

穏やかなコンディションなので、水面に風景が映り込んでいますね。

 

でも、かなりあやしい雲がやってきています。

 

 

すごい雲ですね。

    

 

 

 

 

がんばれ、もうすぐ岸につきますよ。

岸に到着しました。

やった!

お天気、大丈夫でしたね。

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

安室奈美恵さん おつかれさまでした 2018年9月16日

9月16日は歌手の安室奈美恵さんの引退の日です。

ほんとうに惜しまれながらの引退ですね。

ここしばらくは安室さんの特集のテレビ番組が続いていますが、長い間、大活躍してきたんですね。

音楽やファッション、そして生き方も、たくさんの人に多くの希望を与えてきました。

沖縄での展示会もものすごく多くの方が訪れていました。

引退日が迫ってくると、当日券を求めて大行列でした。

今まで本当におつかれさまでした。

そしてありがとうございました。

展示会で購入した安室グッズも16日の沖縄タイムスの特集記事も永久保存版になります。

 

 

それでは本日のマングローブカヤックツアーの紹介です。

 

本当に良いコンディションですね。

 

 

午前のシーカヤックマングローブツアー2時間30分コースです。

3組7名様のご参加です。

こちらは3名様のご家族です。

お母さんには1人で乗っていただきました。

 

こちらは2名様のご参加です。

 

そしてこちらも2名様のご参加ですよ。

 

それでは出発です。

遊びに行きましょう!

 

干潟にはシオマネキが出ていますね。

 

さっそくマングローブの入り江にやってきました。

 

こちらの方はふだんダイビングをされているそうでカメラもダイビング用のハウジングに入っています。す

ごいですね。

ちょっと姿勢が厳しいですが、こっちを向いてくださいね。

記念撮影です。

 

 

ベニシオマネキも元気ですね。

ミナミトビハゼのおうちはけっこう崩れて、オンボロになっていますね。

あ、若い人は「オンボロ」とか「ポンコツ」という言葉を知っているのでしょうか。

最近はちょっと心配になってきます。

年をとると今まで普通につかってきた言葉が、子供たちにはわからないかもって思うことがたまにあります。

 

ミナミトビハゼもいますね。

       

シレナシジミと記念撮影です。

 

こちらのチームもはい、チーズ!

湧き水のところで生き物観察も楽しみましたよ。

自然が好きな方には2時間30分コースのほうが超おすすめです。

でもネタバレになるとつまらないので、湧き水散策の時の写真や情報はわざと出していないんですよ。

来てからのお楽しみということで勘弁してくださいね。

 

カヤックを漕いで再び遊びに行きます。

お母さん、ものすごく上手です。

こちらも写真を撮ります。

こっちを向いてくださいね!

 

琉球石灰岩の浸食地形で記念撮影です。

 

ノッチと私というテーマです。

みんな一緒に!

 

これから少しのあいだ、自由時間です。でも転覆はしないでね。

 

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

 

みなさん、今日はありがとうございました。

 

 

 

こちらは9時からの1時間30分コースです。1組2名様のご参加です。パドルの練習中ですよ。ガイドが隠し撮りをして、写真はCD‐Rに記録してプレゼントしていますよ。カヤック体験が終わった時に差し上げています。

 

ではこれから出発です。その前にハイ、チーズ!

 

サギも首を長ーくしていますね。背が立つくらいですから、浅いところなんですよ。

オキナワハクセンシオマネキもいます。

ほんとうに良いお天気ですね。

マングローブの入り江で記念撮影です。太陽の光が射し込んできていますね。

 

 

トントンミーです。かわいいですね。この呼び名のほうが好きですよ。

 

ベニシオマネキもいます。この子は甲羅の模様がとても素敵ですね。

       

トントンミーがカヤックに張り付いていますよ。すごい!忍者みたいです。胸びれのあたりをうまく陰圧にして、吸盤のように張り付いていますね。もっと急な傾斜でも大丈夫なんですよ。

 

 

チームワークも抜群です。

シレナシジミです。

 

 

 

わー、ヤドカリですよ。

 

ものすごく奥に引っ込んでいますよ。ちょっと気持ち悪いかな。

でも二人ともへっちゃらですね。サザエの殻に入っています。

 

  

またまた漕いでいきます。

 

そして岸に到着です。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

こちらは午後の2時間30分コースです。2組7名様のご参加です。3名様チームはお母さんが一人で乗っています。

 

こちらは4名様のご家族です。

では出発です。

ちょっと向かい風ですよ。

 

こちらはお父さん号にお母さんのカヤックをつないでみましたよ。

 

マングローブの入り江にやってきました。

はい、チーズ!

シレナシジミと記念撮影です。

こちらもパチリ!

ベニシオマネキとミナミトビハゼのおうちです。

湧き水のところで生き物観察です。

さあ、何か見つけることはできましたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干潟には無数の白い点が。

オキナワハクセンシオマネキがとってもたくさん出てきましたよ。

 

岸に到着しました。みんな一緒に記念撮影です。

 

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

みなさん、今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは午後のマングローブカヤック1時間30分コースです。4名様のご家族の参加です。

さあ、遊びに行きましょう。

ごめんね、ちょっと目をつぶった瞬間に撮っちゃいましたね。

 

ちょっと向かい風が強かったので、お父さんのカヤックとつないでみましたよ。

マングローブの入り江にやってきました。

 

ミナミトビハゼもかわいくお目目を出しています。

緑の苔のなかにはベニシオマネキがいますね。赤い色がとてもきれいです。

 

 

シレナシジミ、おおきいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな上手ですよ。

 

岸に到着しました。

 

エイエイオーの掛け声で、記念撮影です。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

トワイライトカヤック2時間30分コースです。2組3名様のご参加です。こちらはお二人のご参加です。

 

こちらはお一人で乗っていただきました。

 

まだ、こんな感じでお日様も少し高いところにありますね。

さあ、マングローブを観察しに行きます。

干潟にはシオマネキが出ています。

湧き水エリアで生き物観察を楽しみましたよ。

こちらもはい、チーズ!

夕陽を楽しむツアーなので、後ろ髪をひかれる思いではありますが、湧き水エリアをはなれて、漕ぎ始めます。

 

 

太陽の光がまぶしいですね。

水面もきらきら光っていますね。

こちらも太陽をバックに写真を撮りますよ。

とてもきれいな風景ですね。

夕日に照らされているところですよ。

みなさんが上手なので、海のほうへやってきました。向こうに見えるのは古宇利島です。

 

暗くなると古宇利島の灯台の明かりが見えてくるんですよ。

夕日がきれいですね。

水面に光の道ができていますね。

 

 

 

太陽がきれいに沈んでいきました。

ちょっとシルエットで撮ってみましたよ。

 

 

 

 

 

岸の到着しました。

西の空はまだ明るいですね。

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

 

みなさん、今日は遅い時間までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

カヤックでウナギイヌは見られませんが・・ 2018年9月14日

今日、9月14日は赤塚不二夫さんの誕生日です。

亡くなってからもう10年になるんですね。

ニュースでも大きく取り上げられ、タモリさんの弔辞も話題になりましたね。

とにかくギャグ漫画といえばこの人、赤塚不二夫といっても過言ではありません。

子供のころにテレビアニメで見ていました。

「おそ松くん」は白黒だった記憶があります。

「ひみつのアッコちゃん」や「もーれつア太郎」、「天才バカボン」など大人気でした。

すべての作品を見ていました。

主人公以外にも、個性的な愛すべきキャラクターがたくさん輩出されました。

イヤミ、チビ太、ハタ坊、デカパン、ダヨーン、大将と少将、デコッパチ、ココロのボス、ニャロメ、ケムンパス、ベシ、目ン玉つながりのおまわりさん、ウナギイヌ、レレレのおじさんなどきりがありませんね。

ケムンパスやベシの似顔絵をよく書いていました。

リメイクされている作品もあります。

私は特に「天才バカボン」と次の「元祖天才バカボン」も両方ともみていました。

はじめのシリーズはどこか人情味があふれていて、涙がでてきた記憶があります。

次のシリーズは本当にばかばかしくて楽しかったです。

主題歌は初めの作品が好きでした。

オープニングもエンディングもよかったです。

子供のころに日の出と日の入りの方角を忘れたときには、この歌で思い出していました。

「西からのぼったお日様が、東へ沈む・・・」です。

この逆が正しいので。

エンディングではバカボンのパパの年齢がわかるフレーズで「41歳の春だから・・・」というのがありました。

41歳というのは年寄りなんだという先入観が植え付けられたのですが、いざ、自分がその年齢になった時にはなんだか、とてもショックでした。

雨森雅司さんがバカボンパパの声優さんで、しゃがれた声がとても良かったです。

「これでいいのだ」や「賛成の反対なのだ」は名セリフですね。

「おそ松くん」は昔、見ていたのですが、現在は「おそ松さん」としてブレークしています。

すごいですよね。

チビ太が持っているおでんがとてもおいしそうでした。

でも三角、丸、長四角と3つの具材が串にささっているのですが、それがいったい何なのかわかりませんでした。

それでも家でおでんを食べるときには、串にさして、とにかくチビ太のおでんを作ってもらった思い出があります。

今も私にとってのおでんのイメージはチビ太のものです。

イヤミには「シェー!」という超有名なポーズがあります。

ダイビング講習やシュノーケリングツアーで、昔はフィン(あしひれ)をはくときに、バディの肩を借りて、シェーという姿勢ではいてくださいと教えていたことがあります。

でもだんだんとみんながわからなくなってきたので、困ってしまいました。

それから昔は男の子でも、「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」を見ている割合が高かったです。

女の子には変身コンパクトが流行しましたね。

そういえばアッコちゃんの声は、リボンの騎士のサファイア王女と同じ声優さんです。

ウナギイヌを見ていたので、ウナギという生き物にはとても愛着があります。

食べてもおいしいので大好きです。

沖縄は昔、ウナギ養殖が盛んで、養殖場もたくさんありました。

食堂やお弁当でウナギは人気メニューでした。

カヤックツアーではウナギイヌを見ることはできませんが、ときどき本物のウナギを見ることがあります。

漫画のウナギイヌよりももちろんスマートでかっこいいですが、どこかかわいらしさも感じます。

心の中ではいつも「ウナギイヌです。ワンワン!」というフレーズが出てきます。

最近ではテレビドラマで実写版の天才バカボンがあるのでびっくりです。

なんといってもおかずクラブのオカリナのバカボン、抜群です。

パパは上田晋也よりも赤塚不二夫自身のほうがイメージに合っているかもです。

今は「深夜!天才バカボン」というアニメも放映中のようです。

時代を超えて生き続ける赤塚不二夫作品って、ほんとうに素晴らしいですね。

子供のころからの楽しい思い出がいっぱいの世界です。

 

またまた余談が長くなってしまいましたが、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

 

午前のマングローブカヤック2時間30分コースです。

ご家族4名様の参加です。

本当に良いお天気ですね。

 

すこし風が吹いていますが、出発です。

みなさん、順調ですね。

琉球石灰岩の地形で記念撮影です。

このあとは、マングローブの観察ですよ。

 

入り江にはベニシオマネキが出てきていますね。

苔の緑とカニの赤色、コントラストがきれいですね。

 

       

ミナミトビハゼもいますが、周りの色と同じですね。

 

 

これからさらに怪しいところへ遊びに行きますよ。

 

みなさん、とても良い感じですね。

さあ、別の入り江にやってきましたよ。

カヤックを降りての生き物観察です。

干潟にはミナミトビハゼのおうちがありますよ。

でも、すこし崩れてきていますね。

もっときれいな円筒形だったんですよ。

 

湧き水で生き物観察です。何がいるかな。

みんなで遊んでいるとミナミトビハゼもやってきましたよ。

 

みんなで記念撮影です!

 

こんどはシレナシジミと一緒ですよ。

   

ヤドカリです。水の中が好きなヤドカリがいます。

木や地面の上で休んでいることも。

足がちょっと気持ち悪いかも。

 

干潟にはシオマネキも出ていますね。

 

 

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

       

午前のマングローブカヤック1時間30分コースです。

2名様のご参加です。

 

さあ、遊びに行きましょうね。

 

チームワークも抜群です。

 

琉球石灰岩の浸食地形で記念撮影です。

「ノッチと私」というテーマですよ。

ノッチは切欠(切り欠け)です。

えぐれている形なんですね。

マングローブを観察しながら散策です。

崖が見えていますが、これも石灰岩ですよ。

もともとは海のサンゴや生き物が原材料なんです。

入り江にやってきました。

シレナシジミです。

 

気持ちが悪いヤドカリもつかまえてみましたよ。

かなり奥のほうにいますね。

 

ベニシオマネキもきれいです。

別の入り江をカヤックでお散歩中です。

ノコギリガザミの子供がいましたよ。

一番後ろの足が平べったいので、泳ぐのもなかなか上手なんですよ。

 

ミナミトビハゼです。

ヒルギハシリイワガニも。

 

海のほうにはキノコ岩がありますね。

岸に到着しました。

おつかれさまでした。

オカヤドカリもつかまえましたよ。

さっきの水生のヤドカリと比べるとかわいい感じですね。

 

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

こちらは午後のシーカヤックマングローブツアー2時間30分コースです。

2名様のご家族参加です。

はじめにパドルの使い方を練習しましょう。       

 

 

ものすごく晴れています。

暑いですが、遊びに行きましょうね。

さあ、出発です。

マングローブの入り江にはシオマネキたちがいましたよ。

こちらはベニシオマネキです。

ベニシオマネキには甲羅が黒くて、青色が入っているおしゃれな模様のものいるんですよ。

私が勝手におしゃれバージョンと呼んでいるものです。

オキナワハクセンシオマネキです。

後ろ側から見ると名前の由来になっている白扇(はくせん)がわかりにくいかも。

白い扇子を振っているようだからハクセンです。

横や後ろ側から見ると黄色っぽいんです。

ヤエヤマシオマネキもいます。

サギもいます。

仁王立ちっていう感じですね。

これからカヤックを降りての散策です。

シレナシジミと記念撮影です。

ミナミトビハゼのおうちはかなりおんぼろになってます。

リフォームが必要ですね。

 

湧き水のところには何かいますか。

 

はい、チーズ!

 

おもしろいツーショットですね。

カニとハゼです。

またこれからカヤックに乗って遊びに行きましょう!

お二人ともとても上手ですよ。

   

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

トワイライトカヤック 夕日がきれい 2018年9月12日

9月12日のシーカヤックマングローブツアーです。 

いくらか雲は多いのですが、ところどころで青空も出てきています。

夕方にはトワイライトカヤックコースがあるので、ぜひとも良いお天気になってほしいです。2007年の9月12日にもスマトラ島沖で地震が発生して、津波が観測されています。

2004年12月26日の地震では津波で特に多くの犠牲者が出たことから、スマトラ島沖地震というと2004年のものが代名詞的です。

スマトラ島周辺では大きな地震が多かったですね。

 

9月12日は映画俳優のアンソニー・パーキンスの命日です。

アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」でのノーマン・ベイツ役が衝撃的でしたね。

20年以上たってから続編などのシリーズも公開されました。

続編を映画館で見た記憶があります。

やはり第1作目が抜群によくできています。

この作品はさらに違う俳優でリブートされています。

そのほかにロジャー・ムーア主演で「北海ハイジャック」という作品があって、敵役で好演しています。

好きな映画作品です。

今年、しばらくぶりにDVDを見ました。

日本のコマーシャルにも出演していました。

「アンソニー・パーキンス様・・・」で始まる男性化粧品のCMでした。

とてもダンディながら、特徴的なはにかむ表情が印象に残っています。

調べてみるとディズニー映画の「ブラックホール」という作品にも出演しています。

昔、見たことがある作品なのですが、いまいち覚えていないです。たしかDVDを持っているので、近日中に改めて確認しようと思います。

みなさんも、ちょっとしたお気に入りの俳優はいますか。私にとってはこの人もそうです。

どうしてもヒッチコックのサイコのイメージが強く、それ以外にはなかなかヒットした作品はないのですが、いまでも好きな俳優さんです。

話がだいぶそれてしまいましたが、今日のカヤックツアーの紹介です。

 

 

午前のシーカヤックマングローブツアー2時間30分コースです。

朝は満潮で海水の潮位が高すぎるために、通常は9時なのですが、今日は10時の開催です。

2組4名様のご参加です。

 

それぞれのチームに分かれて、カヤックに乗って出発です。

青空も見えていますね。

 

まだこの時間は潮位が高いので、さきに海を眺めながらの散策です。

琉球石灰岩の岩の隙間を漕いで遊びましたよ。

とても狭くて浅いので、満潮の時でなければ通り抜けることができません。

みなさん、上手に通過することができましたよ。

      

海をバックに記念撮影です。

キノコ岩が見えていますね。

そして琉球石灰岩の浸食地形にやってきましたよ。

動いているのがいたら、フナムシです。

海のお掃除屋さんですね。

そしてマングローブの入り江にやってきましたよ。

     

ミナミトビハゼです。

今度は湧き水のエリアで生き物観察です。

 

 

 

ベニシオマネキもいますね。

潮が引いて地面が出てきたので、カニたちが活動開始です。

シレナシジミと記念撮影です。

こちらのチームもはい、チーズ!

 

良い天気になってきましたね。

 

オキナワハクセンシオマネキもたくさん出てきましたよ。

 

岸に到着です。

 

 

 

おつかれさまでした。

 

こちらもおつかれさまでした。

 

今日はみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

       

ちょっと紹介する順番が逆になってしまいましたが、こちらは9時開始のマングローブカヤック1時間30分コースです。

2名様のご参加です。

 

ちょっと怪しい雲もありますが、頑張って遊びに行くことにしましょう。

琉球石灰岩の地形で記念撮影です。

潮が満ちているので直接さわることができますね。

 

マングローブの入り江に入ります。

 

お客さんがカニを見つけてくれましたよ。

ノコギリガザミのこどもです。

ものすごく大きくなるカニなんですよ。

マングローブガニとも呼ばれています。

目の横にギザギザがありますよね。

このギザギザがノコギリという名前の由来になっています。

ノコギリの歯みたいになっていますね。

地面が高くなっているところでは、ベニシオマネキが出始めていますよ。

 

ミナミトビハゼもやってきました。

 

       

カヤックを漕いで、別のところへ行きますよ。

今度はこんなところです。

 

はい、チーズ!

 

マングローブの実ができていますね。

この先端から種が伸びてくるんですよ。

 

ヒルギハシリイワガニも。

 

 

チームワークもばっちりですね。

大きな木はソテツです。

きれいな花が咲いています。

オオハマボウです。

沖縄ではユウナと呼ばれていますよ。

朝はレモン色、午後になるとオレンジ色になって、夕方には落ちてしまいますよ。

 

岸に到着です。

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらは16時開始の1時間30分コースです。

2名様のご参加です。

怪しい雲がありますけど、お願いです、晴れてくださいね。

潮が引いてきたので、対岸にはオキナワハクセンシオマネキが大量に出始めていますよ。

 

アップにするとこんな感じです。

ハサミが白いんです。

白線ではなく白扇なんですよ。

白い扇子(せんす)を振っているように見えるところから、こんな素敵な風流な名前がついています。

       

カニを観察中です!たくさんいますね。

 

チームワークもばっちりです。

ちょっと大きいのはヤエヤマシオマネキです。

サギたちも魚を狙っているところです。

たのしいお食事の時間ですね。

 

マングローブの根元も出てきていますね。

ベニシオマネキもかわいいです。

 

シレナシジミと私たちというテーマで記念撮影です。

 

 

 

青空が見えてきました。

よかったです。

 

夕方の時間なので、お日様も低くなっていますね。

その分、光が反射して、水面がきらきらと輝いています。

きれいですね。

 

雲もきれいですね。

岸に到着です。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

16時35分開始のトワイライトカヤックコースです。

3名様のご参加です。

夕日が見えるといいですね。

でも西側にはかなり手ごわい雲の塊があるんですよ。

対岸にはシオマネキがたくさんいますね。

これからマングローブの入り江にむかっていくところですよ。

これから潮が満ちてくるので、ヤエヤマシオマネキは土で巣穴の入り口をふさぐところですよ。

ジャストフィットの大きさの土を切り出して抱えます。

そして見事におうちに蓋をするんです。

忍法土遁の術(どとんのじゅつ)と呼んでいますよ。

でも今の子供たちはわからないのかも。

私のころには漫画の猿飛佐助やアニメのサスケ、カムイが人気でしたから。

あ、でもNARUTO(ナルト)があるから、知っている子もいるのかも。

逆に私はNARUTOは見たことがありません。

そういえば忍たま乱太郎もありますね。

 

ミナミトビハゼも元気です。

 

シレナシジミもつかまえましたよ。

湧き水エリアでは生き物観察です。

はい、チーズ!

生き物たち、楽しかったですね。

それでは夕日を見に行くことにしますよ。

 

雲が多いけど、どうでしょう。

 

やった、雲の切れ間から太陽が出てきましたね。

とってもきれいですね。

水面もきれいに光っています。

 

 

  

 

本当に良かったです。

太陽がきれいに沈んでいきます。

 

 

 

ちょっと海のほうへ漕いできましたよ。

古宇利島をバックに記念撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽が沈んでもまだ明るいですね。

岸に到着しましたよ。

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

あんなに雲が多かったのに、夕日を見ることができて、ほんとうにラッキーでした!

 

マングローブでカヤック!晴れのち豪雨! 2018年9月10日

 9月10日のシーカヤックマングローブツアーです。

今日も天気予報的には不安定な感じです。

でも、何とかお日様も出ていて、晴れていますよ。

みなさんのパワーで雨雲なんか吹き飛ばして遊びに行きましょうね。

こうなればもう気合が大事です。

       

9時開始の1時間30分コースの皆さんです。

ご家族4名様での参加です。

実は前日の午後の予定だったのですが、天候が急激に悪くなったために、この日に変更していただくことができました。

本当にありがとうございます。

でも、空はこんな感じで、雲はかかっていますね。

さあ、出発です。

それでも良いお天気ですよ。

みんな頑張りましょうね。

 

お父さんがとっても上手ですよ。

これなら前に乗っている子も安心ですね。

そしてお母さんチームもとっても上手なんです。

マングローブの入り江に遊びに来ましたよ。

ミナミトビハゼがのんびりしていますね。

お目目もきらきらです。

ちょっとピンボケですみませんが、ベニシオマネキもとてもきれいな色ですね。

シレナシジミを持っての記念撮影ですよ。

とっても大きな貝ですね。

 

 

 

干潟にはオキナワハクセンシオマネキが出てきていますね。

 

 

 

 

 

  

岸に到着しました。

みんなとっても上手でしたよ。

 

記念撮影はみんなでピースサインです。

決まっていますね!

 

おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

日程を変更した甲斐がありましたね。

 

 

 

 

ツアー開始の頃の空ですよ。

晴れていますが、雲は多くなってきているのかな。

9時開始のシーカヤックツアー湧き水観察コースです。

このコースは2時間30分となっています。

2組8名様、ご家族の参加です。

こちらはもう一組の皆さんです。

さあ、カヤックを漕いで遊びにいきましょうね。

どうみても良いお天気ですよね。

対岸で記念撮影です。

こんなに暑いと日焼けしちゃいますよね。

涼しいマングローブの入り江にやってきましたよ。

ものすごい勢いで潮がひき始めているところです。

ここから先はもう浅くなっているので、進むことはできません。

今度は別の怪しいところを目指して出発です。

マングローブの定義や日本での状況、特徴なども解説しながらのツアーですよ。

遊びながら学ぶというテーマなので、日本語のみでの対応になっています(外国の方はごめんなさい)。

 

湧き水エリアの入り江にやってきましたよ。

この辺りは水が冷たくて気持ちが良いですね。

それではカヤックを降りて探検です。

ミナミトビハゼのおうちですよ。

泥でできているんですね。

本当はもっときれいな円筒形なのですが、前日の大雨でちょっと形が崩れていますね。

でも、顔を出している姿が、とってもかわいいですね。

 

ベニシオマネキも小さいはさみを使って食事の真っ最中です。

湧き水のところでの生き物観察、楽しかったですね。

 

こちらもはい、チーズ!ハゼに夢中でしたよ。

 

やっぱりとてもかわいいですね。

でも動きはなかなか素早いです。

        

シレナシジミと記念撮影です。

 

こちらのチームはちょっと振り返ってもらいましたよ。

 

    

岸に到着です。

怪しい雨雲が来ているのですが、その前に帰ってくることができてよかったです。

雨が降り始めたので、大急ぎで記念撮影です。

みなさん、おつかれさまでした。

 

でも、今日はこれからが大変だったんですよ。

このあと、雨が強く降ってきました。

ものすごい良いタイミングでツアーも終了したのですが、今日の2時間30分コースはこれだけでは終わらなかったんです。

 

 

なんと!大雨になりました。

雨雲レーダーをチェックすると、すこしして雲が抜けていく予報だったので、雨が弱くなってから車にのって出発の予定でした。

そうしたらものの5分のあいだに雨雲が急発達!

いそいで車に乗って待機です。

そして、ものすごい豪雨になってしまいました。

そのために途中の低くくぼんだ道路にいっきに80㎝くらい水が溜まってしまい、車が通行できなくなりました。

仕方がないので、に乗ったままで待っていただきました。

しばらくして雨がやみ、青空が見え始めた頃から水位も一気に下がって、ようやく通ることができました。

カヤックの体験はお天気が大丈夫だったのですが、そのあとのまさかの豪雨!

本当にびっくりしました。

ほんとうに不安定な天候ですね。

今日もこのあとの午後のカヤックツアーは中止となりましたよ。

 

2時間30分コースのみなさん、大雨でしばらく待機していただいて、本当にすみませんでした。

まるで台風みたいでしたね。

上の写真は記念撮影が終わった直後の写真ですよ。

一気に黒い雨雲が接近してきているところです。

カヤックツアーは晴れのち大雨! 2018年9月9日

9月9日のマングローブカヤックツアーです。

今日は天候がとても不安定です。

天気予報では雨になっています。雨雲レーダーで確認すると、こくこくと状況が変わります。

ほんとうにコロコロ変わっちゃいます。

ちょっと当たって砕けろという感じではありますが、予定通りに開催です。

もし悪くなったら、逃げてくる感じです。

 

 

こちらは午前のシーカヤックマングローブツアー2時間30分コースです。

5名様の家族のご参加です。

お昼ごろに潮が引いてしまうので、いつもよりも30分早い、8時30分スタートになっていますよ。

天気予報では雨となっていますが、見てのとおり、とても良い天気です。

まずはパドル練習からスタートです。

 

カヤックに乗って、記念撮影です。

5名様なので、1人で乗っていただく船がありますよ。

 

さあ、出発です。

青空が見えているんですよ。

 

琉球石灰岩の浸食地形で記念撮影です。

波や生き物の採餌行動で削られたなんて、信じられませんね。

      

動くのがいたらフナムシですよ。

マングローブの入り江にやってきましたよ。

 

そして次は湧き水エリアのほうへやってきました。

シレナシジミをもって、みんなで記念撮影です。

ベニシオマネキもかわいいですね。

 

フタバカクガニも出てきています。

ミナミトビハゼもいますね。

ストロボ撮影したら、目が怪しく光っています。

湧き水のところで生き物観察を楽しみましたよ。

これはミナミトビハゼのおうちです。

よく見ると右側の入り口からハゼが出てきていますよ。

 

さあ、カヤックに乗って、再び遊びに行きますよ。

でも空はびっくりするほど真っ黒な雨雲に覆われてきました。

ぎゃー!

雨が降ってきました。

大雨です。

さすがに防水カメラに切り替えて撮影していますよ。

だからぬれても水に潜ってもへっちゃらです。

でも望遠撮影は苦手なんです。

ここまで降るともう笑うしかないですね!

ほんとうに大雨です。

岸に戻ってきましたよ。

カヤックを降りたら、「使用後の写真」というテーマの記念撮影です。

みんな揃って、はい、チーズ!

みなさん、おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

 

こちらは9時開始のシーカヤックマングローブ1時間30分コースです。

とっても良いお天気ですね。

2時間30分のコースは一足先に遊んでいる最中ですよ。

   

4名様グループのご参加です。

雨雲を吹き飛ばして遊びに行きましょうね。

こんな青空も見えていますよ。

でも周りはかなり強力な雨雲が広がり始めているんです。

でもがんばって出発です。

 

 

チームワークも抜群です。

 

対岸の干潟にはシオマネキがたくさん出てきましたよ。

 

はい、チーズ!記念撮影です。

 こちらもチームワーク、ばっちりです。

さあ、マングローブの入り江にやってきましたよ。

      

全員でシレナシジミを持っていますよ。

 

ゴイサギも水辺で小魚を狙っていますね。

寝不足のような赤い目をしていますが、これが普通なんですよ。

ちょっとキモかわいいですね。

 

ついに雨が降ってきましたよ。

ここから何枚かは防水カメラで撮影です。

     

雨に負けずにはい、チーズ!

さらに雨が強くなってきましたよ。

みなさんの様子を見ると、かなり降ってきているのがわかりますね。

ツアーの帽子がどんどんペチャンコになっていきます。

 

さらにえらい感じになっています。

まさに土砂降りです。

それでも雨がだんだんと弱くなってきました。

すごい雨でしたね。

すこし自由時間です。カヤックを漕いで遊びます。

 

 

 

 

岸に到着しましたよ。

みなさん、ポーズもばっちりです。

全員で記念撮影です。

 

みなさん、おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

どちらのコースも大雨に降られてしまいましたが、楽しかったですね。

本当にありがとうございました。

 

残念ながら、午後のツアーが急速に雷雲が発達してきたために中止となってしまいました。

手続きや着替えまですませたのですが、急遽、中止です。

せっかく来ていただいたのにすみませんでした。

 

 

 

今日はシーカヤック日和になりました 2018年9月6日

ようやく天候も回復して、今日はカヤック日和になりました。

しかし早朝からは北海道での地震のニュースが飛び込んできたので驚きました。

昨夜は偶然、北海道への航空代はいくらくらいなのか、ネットで見ていたところです。

まだ生まれてこのかた、北海道に行ったことがなかったので、どんな感じなのか一度は遊びに行ってみたいなとチェックしていたところです。

本当に驚きました。

台風21号の被害の大きさに驚いたのに続いて、すぐにこんな大地震が発生するとは思ってもいませんでした。

こころからお見舞い申し上げます。

 

では今日のカヤックツアーの紹介です。

モーニングカヤック2時間コースです。

8名様グループです。

2家族さんでのご参加です。

 

ではシーカヤックを漕いで探検に出発です。

とても穏やかなコンディションで気持ちが良いですね。

 

みなさん、上手です。

チームワークもばっちりですね。

 

 

マングローブにカワセミがとまっていましたよ。

背中はきれいな青い色ですが、胸のところは赤茶色なんです。

 

とてもきれいですね。

逃げないでじっとしていたので、写真を撮ることができましたよ。

 

 

 

シレナシジミと記念撮影です。

 

こちらもはい、チーズ!シレナシジミ、大きいですね。

   

岸に戻ってきました。

まだカヤックを降りないでね。

記念撮影です。

 

 

全員でエイエイオーの掛け声とともに記念撮影です。

真ん中のお父さんのポーズが素敵ですね。

 

こちらは5人家族のみなさんです。

こちらは3人家族のみなさんです。

みなさん、おつかれさまでした。

今日はありがとうございました。

 

 

こちらは午後のマングローブカヤック2時間30分コースです。

2組4名様のご参加です。

 

さあ出発です!

 

 

マングローブの入り江にやってきました。

 

 

  

ベニシオマネキも出ていますね。

 

すごいすごい!

ミナミトビハゼをつかまえることができました。

コップから飛び出した後で腕に乗っているところです。

   

シレナシジミと記念撮影です。

 

こちらのお二人もはい、チーズ!

 

 

 

潮が満ちてきたので、もう一つの入り江に入ることもできましたよ。

ミナミトビハゼものんびりと休んでいました。

 

 

琉球石灰岩の浸食地形で記念写真です。

 

ノッチとわたしというテーマです。

ノッチは切れてかけている浸食地形のことですよ。

オバマ大統領のほうではありません。

 

    

 

岸に戻ってきました。

 

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

みなさん、今日はありがとうございました。

 

ここからは思い切り余談です。

9月6日というと漫画家の永井豪さんの誕生日です。

マンガが好きだった私としては、ほんとうに子供のころから親しんだ作品が多いです。

ギャグ漫画からエログロ(エロチック&グロテスク)、スーパーロボット物など、ものすごいジャンルの作品がたくさんあります。

子供のころ衝撃的だったのはハレンチ学園です。

スカートめくりも流行して、大問題になりました。

実写版のドラマにもなりました。

歌も何となく覚えています。

作品の順番はバラバラになってしまいますが、キューティーハニーもすごかったです。

テレビアニメを見ていましたが、今考えると変身シーンは家族で見るには恥ずかしいですね。

デビルマンも面白かったです。

アニメで見た後に原作を漫画で読んだのですが、とてもダークサイドに落ちていくような感覚の作品で、子どもが読むには重すぎるものでした。

ロボット物はとにかくすべて見ていました。

マジンガーZ、グレートマジンガー、UFOロボグレンダイザーなどです。

その後、松本零士作品のダンガードAという作品も見ましたが、ロボット物は永井豪作品が抜群におもしろかったです。

ゲッターロボ、ゲッターロボGもヒットしました。

子供心をくすぐったのはやはりプラモデルなどの玩具でした。

高級感あふれる超合金シリーズも人気を集めていました。

重厚感が半端なかったです。

でもとても高かったです。

東映まんが祭りなどでは、コラボ作品も上映されました。

マジンガーZ対デビルマンやゲッターロボが出てきたり、豪華なアニメ作品がいくつも作られました。

ただし、各アニメで声優さんが重なることもあったので、配役に違和感を感じることも。

大人になった今でも、リブート作品が作られているのですごいですね。

水木一郎やささきいさおのアニソン大御所も活躍中です。

そしてアニメつながりになりますが、9月6日は宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルから地球に帰還した日だそうです。

すべての作品を見てきた私でも、お恥ずかしい話ですが、そこまでは覚えていなかったです。

西暦2200年9月6日だそうです。

リブート作品の宇宙戦艦ヤマト2199では違う設定だそうです。

あらためてDVDで確認しようと思います。