ボトム


シーカヤックの船底部分、船底をボトムと呼んでいます。このボトムの形状によって、カヤックの航海性能が大きく変わってきます。リバーカヤックと呼ばれるような、おもに河川での使用を想定しているカヤックは、ラウンドタイプといって、ボトムの切断面の形状が楕円形となっています。そのためにカーブが多い河川での操船で、カヤックの方向転換がしやすくなっています。これに対してシーカヤックのように海洋でのツーリングを想定して想定してデザインされているものは、航行中の直進性を重視しているために、キール(竜骨)と呼ばれる船首から船尾にかけての直線立体構造のデザインがとられる場合があります。クローズドデッキのシーカヤックの場合は直進性を生かしつつ、方向転換もしやすいようにラダーシステムを取り付けている場合があります。シットオンタイプはセルフベイリングホールという自動排水の穴がついていることが多いので、デッキからボトムにかけて、穴が貫通しています。長年の使用によって、このボトムのセルフベイリングホール周辺に亀裂が入ることがあるので、沖縄のマングローブツアーの体験業者は修復やメンテナンスに苦労しています。

沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

HOME