沖縄シーカヤックマングローブツアー

広東住血線虫症

スマホ版 0980-56-5881

広東住血線虫症

カタツムリには超危険なものも さわっちゃダメ!

沖縄でも雨が降った後に、巨大なカタツムリを見ることがあります。アフリカマイマイです。大雨の後は道路を歩いていたり、川の上流から流されてきたものが、マングローブにくっついていることもあります。しかしこのアフリカマイマイやリンゴスクミガイ(通称ジャンボタニシ)、ナメクジの仲間などには広東住血線虫が体内に存在している可能性があります。これらの生き物を経由して、広東住血線虫が人体に感染すると、生命にかかわるような危険性があります。実際に世界各地で死亡例もあります。日本も、そして沖縄も例外ではありません。国内初の死亡例は沖縄でした。たいへん衝撃的な出来事でした。近年で衝撃的なニュースとしては、オーストラリアで、ふざけてナメクジを食べた男性が、この病気にかかり、8年後の2018年に亡くなったことでした。ネットのニュースでも広く取り上げられていました。

広東住血線虫とは

熱帯や亜熱帯の地域に生息しています。線虫と呼ばれる生物(成虫で2㎝くら)で、ネズミの肺動脈に寄生して卵を産み、これが幼虫になると糞や尿と一緒に排泄されます。これらを食べたりして、アフリカマイマイやナメクジなどの中間宿主の体内に入り、さらに人体に入り込むと、神経系や脳を侵され、好酸球性髄膜脳炎を発症し、重篤な症状が現れる場合があります。

人間への感染と予防

アフリカマイマイやジャンボタニシ、ナメクジなどの中間宿主を触らない、生で食べないということが重要です。そして感染は経口(口からの侵入)と経皮(皮膚などからの侵入)が考えられるので、とにかく見つけても絶対にさわらないことです。触った手をなめたり、目をこすったりすると危険です。さらにさわった指先から直接、体内に侵入することもあります。これらが活動していたあたりの水や土壌から感染する場合もありますので、水たまりなどは不用意に触らないようにしましょう。移動した跡や採食した跡からも感染する可能性があるので、生野菜を食べるときにはよく洗うようにしましょう。最近ではハワイへの観光客で感染事例が増加しているそうです。サラダをたくさん食べたことからの感染が急増しているようです。とにかく知らないものは触らない、手を良く洗う、生野菜はよく洗う、そんな当たり前に思えるようなことが重要です。

治療方法

残念ながら特効薬や特別な治療方法はないそうです。対症療法といって、身体に生じた症状に応じて、これにともなう痛みなどを軽減させるような対処となるようです。軽症の場合は、しばらくしてそのまま自然治癒する場合もあるそうです。

アフリカマイマイ

スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)










沖縄県の注意喚起のチラシを掲載させていただきました。


表示:スマートフォンPC
 
HOMEスマホTOP
沖縄の海洋危険生物>番外編>
広東住血線虫症