なきじん海辺の自然学校

0980-56-5881
マングローブカヤック

おすすめマングローブカヤック学割プラン

美ら海水族館にいちばん近いマングローブツアー

☆学生同士の旅行で割引。4名からグループ割引。 さらに3日前からネット限定で直前割引も。

2時間30分

【学割】湧き水で生き物観察 2時間30分コース

湧き水のエリアで降りて生き物観察。貴重な生物をより身近で感じることができる他のショップとは一味違うツアー。
学生 5,780円 
※グループ割は自動計算されます。学割や当日割引を選択可能。

学割 2時間30分コース


1時間30分

【学割】マングローブカヤック1時間30分コース

干潮時は干潟の生き物観察、満潮時は狭い入り江に入ったりと開催時の潮位に応じて風景も変わります。
学生 4,480円
※グループ割は自動計算されます。学割や当日割引を選択可能。

学割 1時間30分


おすすめツアーの参加特典プレゼント企画

沖縄旅行の楽しい想い出

☆画像データのプレゼント特典が好評です。旅行が終わっても楽しいツアーです。

画像CDプレゼント

おすすめ特典

ツアー中にガイドが撮影した画像をCD-Rに記録してプレゼントしています(1グループ1枚)。もしCD-Rの再生ができない方でも、インターネット上にアルバムを作成して画像を閲覧したり、スマホやタブレット、パソコンにダウンロードできる対応ができます(希望者のみ。パスワード使用で安心です)。

おすすめツアーのお申込み

GoToトラベル地域共通クーポン

GoToトラベル紙クーポンと電子クーポン。ぜひご活用ください(GoTo停止期間中と事前決済は不可)。

開催予定表

☆潮位の関係で開催時間が変更になっている回があります。かならず開催予定表でご確認ください。
おすすめ開催予定表

おすすめ注意事項 要確認
参加条件 学生で現在健康な方
学割プランは学生同士のご参加限定です。
マスクの着用(体験中ははずせる場合があります)
次の場合はご参加いただけません
●国の緊急事態宣言が出されている都府県にご在住の方
●妊婦・妊娠の可能性がある方 ●高血圧 ●飲酒状態 ●腰の疾患 ●嘔吐や下痢症状 ●意識喪失の可能性 ●本人や旅行の同行者に微熱や風邪症状があれば全員参加不可。 来ないでください(要連絡・取消し料不要)。
●1か月以内に渡航したり、濃厚接触者と一緒だった可能性がある
中止の場合 大雨・強風・雷の場合は中止となります(小雨は開催)。
その他 ツアー時間は説明、準備(着替え)、練習も含めた設定です。
キャンセル料 2日前 50%、前日 70%、当日 100%となりますので、ご変更や取り消しはお早目にご連絡ください。

おすすめ学生旅行・卒業旅行旅のアドバイス

沖縄への卒業旅行や学生旅行を予定している方へ

☆卒業旅行って1度だけじゃない人も。友達が何人もいるので、それぞれのグループで卒業旅行を楽しむ学生さんも。彼氏とは2人きりで別にっていう人も。
第1弾は国内で、第2弾は海外へっていうケースもあります。でも今は海外旅行は無理です。
お住まいの地域や沖縄の最新の新型コロナの情報に注意しながら、うつさない、うつらないようにお過ごしください。
でも国の緊急事態宣言が出されている都府県の方はしばらく沖縄への来島の自粛が要請されています。
一緒に旅行する人数も最小限にしてリスクを減らしてください。
普段、面識がないメンバーとの旅行や食事は避けたいです。



旅のワンポイントアドバイス

せっかくの卒業旅行や学生旅行ですが、新型コロナウイルスは学生の皆さんにも大きな影響を与えています。
マリンスポーツや観光&グルメ、そんなときは沖縄がいちばんお手軽です。国内だけど外国みたいな雰囲気も!

旅行するときのアドバイスを紹介します。

情報を集める

☆いろんなことを体験!それには事前にしっかりとリサーチしましょう。

スマホ

宿泊するホテルのことや、体験したいメニュー、食事のことなど、行き当たりばったりはダメ。
やりたいこと行きたい場所に便利な宿を決めて、あとは宿をベースにして沖縄を満喫しましょう!
ただ、今回の影響で休業したり、閉店したりという宿泊施設や飲食店もかなりあります。もしわかりにくい場合は、ホームページで確認してください。
お店を選ぶ際もしっかりとコロナ対策がされているかどうか要チェックです。
ドアやイス・テーブル・メニューや食器など、直接触るところもいっぱいあります。
消毒用アルコールを各自で携帯して、何か触った後はすぐ消毒という習慣が旅行中も大切です。
飲食する際は距離をとって、テーブルでの席にも注意しましょう。対面での飲食は避けましょう。
飲食の際はマスクを外しますが、会話などの際はマスク着用です。食べながらの会話はリスクが高いです。
利用時間も最小限にしましょう。
もし買い物して、ホテル客室で飲食する場合も同様の注意が必要です。
購入したものは、アルコールなどで除菌するとさらに良いでしょう。

ガイドブック

沖縄のことを調べるには、PCやスマホ、タブレットのほかには、ガイドブックもかなり便利です。
ただ、値段だけにとらわれてもダメ。
行きたい所、たとえば美ら海水族館に近いところやどこへ行くにも便利な恩納村の宿を選択するとタイムロスが少ないです。
海辺の自然学校がある今帰仁村はちょっとした穴場です。

古宇利大橋

美ら海水族館や世界遺産今帰仁城跡にも近いですし、なんといっても神の島といわれている古宇利島もあります。古宇利大橋やワルミ大橋は超人気のドライブルートです。
ただ高齢の方も多いので、不用意に集落内に入ったり、地元の人に接触するのも避けましょう。
地元ではマスクをしていない方が多いかもしれません。
とても気さくな方も多いのですが、会話がはずんだりすると相手も自分たちも感染リスクが増大します。
こんなご時世なので、接近しないでソーシャルディスタンスを保ちましょう。

宿泊

ゲストハウスや民宿、ホテルやコンドミニアムまで、沖縄にはいろいろなタイプの宿泊施設がたくさんあります。旅行は新型コロナの感染予防のことを考えて、個室タイプでバス・トイレ付の宿泊のほうが安心だと思います。新しい生活様式という提案が出されているので、手洗いや消毒、ソーシャルディスタンス、他人との距離の確保、いろいろなことを配慮しながらの旅行スタイルを模索する必要があります。
ゲストハウスや民宿での懇親会や飲み会は参加を自粛したほうがよさそうです。
最近では、水道の蛇口を触ってのクラスターの発生も報道されているので、ホテルや民宿での洗面所回りも使用の際の消毒に注意しましょう。
せっかく手を洗っても、最後に蛇口を触りますよね。

海

沖縄での卒業旅行ならではっていうとやっぱりマリンスポーツ!沖縄はだんだんと暖かくなって、3月・4月は海開きもあるので、マリンスポーツも活発に開催。そして観光もはずせませないところでした。でもコロナの影響で、どこも人が少ないです。
移動や自粛がもし緩和されてきても、やはり屋内ではなく野外、換気が良く、人が密集しないところを選んで活動しましょう。飲食店でみんなで盛り上がって!というようなスタイルはできない時代になりました。自分が感染していたら大変、とにかく他の人にうつす可能性が絶対にないようにと考えることが大切です。

美ら海水族館

美ら海水族館やイルカショーは楽しいです。水族館は♪沖縄観光の王道です。
沖縄の歴史や文化に興味がある学生さんには、世界遺産今帰仁城跡がおすすめです。無料のボランティガイドさんがとても丁寧に楽しく案内してくれましたが、ガイドさんたち、高齢の方も多いので、万が一のことを考えて、申し込むのは自粛したほうが良いかも。うつしたら大変です。



効率的に楽しむ

とにかく限られた日程と予算の中で遊ばないといけませんから、効率よく回ることが出来るように、滞在先も決めましょう。大きく3つに分けて考えると、那覇、恩納村、北部っていう感じでしょうか。もし、今回のことが落ち着いたら、それぞれに観光を楽しんだり、体験ツアーに参加したりと沖縄旅行をエンジョイしてくださいね。最終日の夜は那覇宿泊のほうが便利かもしれませんが、密集を避けて行動してください。



ロケーションを大切に

海は楽しいです!
選ぶときのアドバイスは、リゾートホテルでもビーチがあれば、グットです。
でも森や川など、自然豊かな環境も超おすすめです。



事前のやり取りをていねいに

宿の人との距離がぐんと縮まります
滞在中のおすすめなどをアドバイスしてもらうのもよいでしょう。それでも直接の接触は避けましょう。電話やメールを活用しましょう。ただ、地域の方に不安を与えないような配慮が必要です。宿の方やほかのお客さんに迷惑をかけないためにも、あらかじめ確認してください。

ユイレール

移動はレンタカーが便利です。でも、なかなか運転できる相手が見つからないことも。だからバス移動の方もいますが、乗り継ぎや時刻表などを旅行前にしっかりとチェックしましょうね。穴場狙いの旅はバス利用ではかなり厳しいかも。
マリンスポーツなどは、ホテル送迎してくれるショップさんもあるので、問い合わせてみましょうね。特にマングローブツアーは、ちょっと都会から離れた不便な場所にあるので、事前によく確認しましょう。
今は人がいなくてガラガラでも、夏ごろには、人がすこし多くなっているかもしれません。密集を避けたり、ほかの人との距離をとるためにも公共の交通機関の利用はなるべく減らせるようなプランが良いかもしれません。



宿にいる時間を楽しむ

せっかくの沖縄のロケーションも,、ホテルにいる時間が短いともったいないのですが、卒業旅行や学生旅行は、そうも言ってられません。
いろんな体験を楽しんで、ちょっと時間が出来たときにホテルの周りをお散歩してみましょう。もしビーチがあれば、カニやヤドカリたちもいて楽しいかも。

ツノメガニ

デジカメやスマホで、いろいろな風景をパチリ!楽しい旅の思い出作りに役立てましょうね。インスタ映えする素材が沖縄にはたくさんありますよ。グルメもよいですが、自然のなかにも素敵な被写体がありますよ。でも、どんなときでもマスクはかならず着用してください。

ルリスズメダイ

海での楽しみ方は、安全が第一なので、絶対に無理しないでくださいね。
海が荒れているときや、お酒を飲んでいるときは海に入ってはいけません。悲しいことに毎年、海の事故というのがあります。なんでこんな時にとか、なんでこんなところなんていう海難事故が毎年起きています。学生旅行で発生していることもあります。
安全な場所や楽しみ方をホテルの人やマリンスタッフに聞いてくださいね。誰もいないような海は流れが強かったり、危ない落ち込みがあったりと危険ですから、やめましょうね。
それからダイビングに関しては特別な注意が必要です。新型コロナから回復した後でも、肺などの呼吸器系に障害が残っている可能性が指摘されています。ダイビングショップやインストラクター、医師に相談が必要です。
コロナで沖縄の医療がひっ迫しているので(危機的状況)、万が一の場合に重傷となるような活動を控えた方が良いというお医者さんの書き込みを見たことがあります。登山やダイビングなど万が一のケガや事故の場合、現在、治療の受け入れが深刻な状況となっているようです。特に離島の場合は。



ツアーを楽しく利用する

友達同士でマリンスポーツも楽しいです。シュノーケリングやダイビング、パラセーリングなど、アクティブなスポーツも盛りだくさんです。ただ、上記のように沖縄の医療の受け入れ態勢が危機的状況のために、リスクがあるスポーツはしばらく控えた方が良いという意見があるようです。



コミュニケーションは旅の潤滑油だけど

今回の件で、コミュニケーションはとてもむつかしい問題になりました。ほかの方に不安を与えないように、適度な距離をたもち、必ずマスクを着用することが大切です。観光施設では、不特定多数の人たちが、いろいろなエリアからやってきています。気軽に話しかけるということが、相手に大きなストレスを与えたり、感染をリスクをふやすことになりかねません。
とくに沖縄はオジーやオバー、高齢者が多いので、不用意に地域に入っていったり、近くで話しかけたりというのも自粛しましょう。観光客がマスクもしないで、たむろしたり、騒いだりというケースが重大な問題になっています。

コーヒー

沖縄の宿のオーナさんも個性派ぞろいです。若いころはいろんなところを旅したり、いろんなところで働いたりと人生経験が豊富です。
でも今しばらく、安全な距離は保ってすごしましょう。親切な方が多いのですが、感染予防の観点から、距離をたもって、なるべく真正面では会話しない、一緒の食事や飲み会はお断りすることも大切だと思います。沖縄県内はマスクをしていない人も多いという話も聞くので、マスクなしの人には近づかない方が安心です
まだまだ、この病気のはっきりした正体も、これからの私たちへの影響もわらかないのですから。正しくこわがり、付き合っていくことが大切なようです。

<< 前のページに戻る