沖縄シーカヤックマングローブツアー

バウ/シットオントップカヤック


バウ(船首)



シーカヤックの前部である船首部分のことを「バウ(Bow)」と呼んでいます。船舶では「おもて」とも呼ばれています。海洋でのツーリングに特に向いているようにデザインされているクローズドデッキカヤックと比べると、シットオントップカヤックはあまり荒天時に航行することを想定しているとは思わないので、舳先が極端にデッキよりも高くなっているものはあまり見たことがありません。上部構造はややフラットなイメージです。カヤックを運搬する際の取っ手(トグル)が取り付けられていることが多いです。そしてカヤックの船首側に荷物収納用の区画がある場合には、その出し入れ用の開口部をバウハッチと呼んでいます。そのフタをバウハッチカバーと呼んでいます。ただしシットオントップカヤックの場合はカヤックの船体内部が筒抜けで区画がない製品が多くなっています。



ナビゲーション

表示:スマートフォンPC
 
HOMEスマホTOP
シーカヤックシットオントップカヤック構造>バウ