本文へスキップ

リバースストローク

TEL. 0980-56-5881

〒905-0401 沖縄県今帰仁村仲宗根992

見出しリバースストローク

HOMEシーカヤック・カヤック・カヌーパドリング講座>リバースストローク

リバースストローク(後進)

後進(バック)するテクニックをリバースストロークといいます。リバースは反対に動かす(逆にする)、ストロークはボートなどで水を漕いだり、水泳で水をかいだりということです。要領はストッピングとほぼ同じです。ストッピングをたくさん繰り返すとバックします。

ブレーキと同じ要領で


ストッピングと同じやり方です

カヤッカー(漕ぎ手)のやや斜め後ろ側の水中にパドルのブレードを差し入れます。

水をプッシュ


後ろから前へ押し出す

後ろから前へブレードを押し戻します。フォワードストロークと同じように上半身の回転で漕ぐようにすると、肩をいためにくいです。

トルソー(上体)を使って


左右バランスよく

反対側も同じようにやや後ろ側の水中にブレードを差し込んで、後ろから前へ押し戻します。これも腰の回転を使って。

まっすぐバック


周りを見る

左右でこの動作を繰り返すことで、カヤックはまっすぐの状態で後進します。片側だけで行うとカヤックは回転していきます。周りの景色を確認して、まっすぐ後進しているか注意しましょう。

安全確認は忘れずに


しっかりと見て確認

リバースストロークでは必ず後方の安全確認を行ってください。他のカヤックがいないかどうか、障害物は無いかどうかを視認してください。

細身のカヤックはパドルの使い方が変わってきます

クローズドデッキカヤック(みなさんがテレビなどでよく見る、腰まで入るようなタイプのカヤック)は船体が細身なので、いきなり水中にブレードを差し込むとそのまま転覆する場合があります。ですからクローズドデッキカヤックやその他のやや細身のカヤックの場合、後進する際はブレードの裏面(凹凸の凸の側)で水面をなでるように押さえつけながら、ブレード面を起こしていきます。この動作を左右で繰り返してバックします。マングローブツアーで使用するような幅が広くて、かなり安定性があるシットオントップタイプのカヤックの場合は、前述の水中にブレードを差し込む方法を教わります。

バナースペース

なきじん海辺の自然学校

〒905-0401
沖縄県今帰仁村仲宗根992

TEL 0980-56-5881
FAX 0980-56-5897