デッキ(甲板)


シーカヤックの船体上部をデッキ(甲板)と呼びます。クローズドデッキカヤックと違って、様々なくぼみがあります。全般的にカヤック船体の中央部に向かってのくぼみです。足を置くためのフットウェル(フットレスト)、漕ぎ手が座るためのシッティングポジション、そして船尾側に荷物を置くためのカーゴポジションなどがくぼんでいる部分です。そして構造物としてはカヤックを運搬するためのトグルと呼ばれている取っ手が前後についています。シットオントップカヤックの場合は水抜きのためのドレンプラグ船首もしくは船尾についています。船体内に荷物を収納したり、船体を清掃、修理するためのハッチがついていることもあります。そしてアクセサリー類を装着するためのアイストラップ(アイプラグ)が数か所に取り付けられています。着脱式のバックレストニーベルトなどをフックで取り付けることができます。デッキの上に座るタイプのカヤックなので、シットオントップカヤックと呼ばれているんです。

沖縄シーカヤック&マングローブカヤック
なきじん海辺の自然学校

HOME